9年ぶりの年間3勝にも“すっきりしない” 石川遼が見据える絶え間ない進化 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ゴルフ日本シリーズJTカップ

  • 期間:2019年12月05日-12月08日、
  • 場所:東京よみうりカントリークラブ(東京都)

9年ぶりの年間3勝にも“すっきりしない” 石川遼が見据える絶え間ない進化

2019年12月08日19時25分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 石川遼 -8
2 B・ケネディ -8
3 今平周吾 -7
4 S・ノリス -5
  B・ジョーンズ -5
  金庚泰 -5
  G・チャルングン -5
8 黄重坤 -3
  時松隆光 -3
  小平智 -3

順位の続きを見る

今季3勝目を挙げた石川遼

今季3勝目を挙げた石川遼(撮影:鈴木祥)

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日◇8日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70>

「正直、本当に勝てると思っていなかった」。これまでにないフェアウェイキープ率を3日目までに叩きだし、5位タイに立っても、まだ確信は持てていなかった。

パターもう宙を舞う! 優勝を喜ぶ石川遼【写真】

「キレイなゴルフはできないから、泥くさいゴルフを」と語っていた石川遼は、最後まで粘り強く優勝に食らいついていった。16番を終えた時点でトップの今平周吾とは1打差がついていたが、最終ホールで今平がダブルボギーを叩いて首位から陥落し、チャンスが舞い降りる。17番パー5でバーディを奪ってトータル9アンダーの単独首位に立ったが、難関18番パー3でティショットを右ラフに落としてボギー。ブラッド・ケネディ(オーストラリア)とのプレーオフにもつれ込んだ。

「あんなに泥くさい人いるかなと、へばりついていきましたね(笑)」と、3ホールに渡るプレーオフは接戦。正規の18番と同じ、右手前のピン位置で行われた最初の2ホールは、どちらも右に外したが、アプローチで寄せてしぶとくパーセーブ。ピン位置が右奥に切り替わり、4番アイアンで放ったティショットは手前2.5mのチャンスについた。これを沈めて今季3勝目。この日、18番でバーディを奪ったのは、石川が初めてだった。

「番手が5番から4番アイアンになって、たまたまいいショットができたけど、なんでなのか、片隅に引っかかっている」と、優勝の喜びをかみしめながらも、すっきりしない頭の中には次への課題でいっぱいだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!