ジャンボ尾崎、来季は3試合限定出場? 体力“維持”でなく体力“アップ”は可能なのか | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ダンロップフェニックス

  • 期間:2019年11月21日-11月24日、
  • 場所:フェニックスカントリークラブ(宮崎県)

ジャンボ尾崎、来季は3試合限定出場? 体力“維持”でなく体力“アップ”は可能なのか

2019年11月21日18時24分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 張棟圭 -7
2 今平周吾 -6
3 松山英樹 -5
  堀川未来夢 -5
5 池田勇太 -4
6 木下稜介 -3
  市原弘大 -3
  谷原秀人 -3
  小鯛竜也 -3
10 S・ハン -2

順位の続きを見る

ジャンボ尾崎はまたしても棄権… 来季は?

ジャンボ尾崎はまたしても棄権… 来季は?(撮影:佐々木啓)

ダンロップフェニックストーナメント 初日◇21日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7027ヤード・パー71>

インコースからスタートしたジャンボ尾崎が、12ホール目となる3番パー3を終えると、同伴競技者の藤田寛之、浅地洋佑と握手を交わした。腰痛により途中棄権するためだ。これで3試合連続の棄権となったが、「ブリヂストンオープン」では13ホール、「マイナビABCチャンピオンシップ」では16ホールと、18ホールすらフィニッシュできていない試合が続く。

ジャンボさん、歩く姿もつらそうです…【写真】

「スポーツ選手としての体力がないからな。10のうち1ぐらいしかないようでは…。トーナメントを戦うための準備がまったくできていない状態だよ」

スポーツの世界では心技体が大切だといわれるが、ジャンボは昔から体技心の順番だと言い続けてきた。体力があってこそ、技術が身につくのであり、それによって精神面が鍛えられるという論理だ。ところが、肝心の体力が伴わない。技術を磨きたくても、練習するほどよけいに体を痛めてしまう状況だ。それでも、自分にはゴルフしかできない、ゴルフが大好きだという気持ちを支えにしてトーナメントに参戦してきたが、もうジャンボの体を支え切れなくなったのかもしれない。

「来年は中日クラウンズ、ANAオープン、ダンロップフェニックスの3試合に絞り、そのための準備を1カ月ぐらいかけて行ないたい」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本らが出場!「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」結果
河本結・原英莉花らが出場! 「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の結果はこちら
松山はトップ5フィニッシュ! 「ジェネシス招待」結果
松山英樹らが出場する「ジェネシス招待」の結果はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!