石川遼、アイアンショットに光明? 半径2メートルの壁が大会制覇への課題 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ダンロップフェニックス

  • 期間:2019年11月21日-11月24日、
  • 場所:フェニックスカントリークラブ(宮崎県)

石川遼、アイアンショットに光明? 半径2メートルの壁が大会制覇への課題

2019年11月20日18時21分

石川遼は復調なるか?(撮影:近澤幸司)

ダンロップフェニックストーナメント 事前情報◇20日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7027ヤード・パー71>

プロに転向して初めて出場した08年大会では、首位に1打差の単独2位でフィニッシュした石川遼。しかし、その後8回出場したものの、一度もトップ10入りはない。ただし、アマチュア時代も含めて、過去10回出場してすべて予選通過しているだけに、けっして不得意なコースではないようだ。

アスリートそろい踏み!石川遼の超豪華プロアマグループ【写真】

開催コースのフェニックスカントリークラブ自体、距離がそれほど長くないだけに、飛ばし屋の石川にしてみれば有利ではあるが、ティショットを左右に曲げてしまうとボールは林の中へ消えていく。しかも、林の下が砂地になっており、リカバリーするのもひと苦労だ。パーセーブはおろか、ダブルボギーを打つ確率も高い。石川が2位に入った時は、フェアウエイキープ率が60・71%と比較的高かった。それ以降上位に入っていないのは、この数字が50%に満たないことが多かったからだ。

当然、ティショットの成否が問われることは、石川自身も理解している。「林の中に入ったら、そこからリカバリーできるだけでラッキーですからね。なるべく避けたいです」と警戒する。幸い、ドライバーショットの調子は上向きではあるが、それ以上に心強いのが、アイアンショットの復調だという。

三井住友VISA太平洋マスターズでは、半径2メートル以内に打てるショットがプロアマ戦、予選2日間で一度もありませんでした。でも、今日は3回(6番アイアン、ピッチングウェッジ、サンドウェッジ)あったんです」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!