ツアー選手に“一区切り”の佐伯三貴が貫いた信念 「一線でできなくなった時は…とずっと考えていた」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

大王製紙エリエールレディスオープン

  • 期間:2019年11月21日-11月24日、
  • 場所:エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)

ツアー選手に“一区切り”の佐伯三貴が貫いた信念 「一線でできなくなった時は…とずっと考えていた」

2019年11月20日12時20分

佐伯三貴が貫いた信念とは…(撮影:鈴木祥)

大王製紙エリエールレディスオープン 事前情報◇20日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6580ヤード・パー72)>

今季限りでツアーの第一線から退くことを表明していた佐伯三貴が20日(水)、今週出場する「大王製紙エリエールレディス」の会場で報道陣の取材に応じた。

貴重!9年前の漆黒のドレス姿

冒頭「スパっとやめるわけではない。気持ちの面でやれると思えば、推薦などで今後も試合に出場することはある」と“完全撤退”については否定。「プロになって(2006年に)QTを受けた時に、『もうここには戻ってこない』というのは決めていた。一線でできなくなった時は…という考えもずっと持っていた。去年もシードには入れたけど順位もギリギリ(45位)で『そろそろかな』と思った」という胸の内を明かした。

2012年には首、15年のシーズン中には右手首の故障で手術を受けたが、その影響も今回の決断の大きな要因に。「首は今は意外と大丈夫ですが、手首は利き手だしよく使う部分。パットやアプローチが変わってしまった」と話した。「モチベーションはあるけど、体が動かないのがストレス。シーズンを通して戦うのは今年が最後かなと思った」と選手として、今後スポット的な参戦にとどめることを決めた。

今後については、事前の発表時には、母校の東北福祉大での指導にあたるという言葉もあったが、それも「頼まれたらお手伝いするという形で、どっぷりではない」と専任という形ではない様子。「後輩も指導しているし、お願いされれば会場に来ることもありますよ」と、指導者的な立場でツアーに携わる機会も増えそうだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!