シード権喪失の中堅選手が相次いでツアー撤退 それでも原江里菜が続ける理由【記者の目】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

シード権喪失の中堅選手が相次いでツアー撤退 それでも原江里菜が続ける理由【記者の目】

2019年11月18日17時05分

原江里菜は「わたしは勝つまでやめられない」

 

原江里菜は「わたしは勝つまでやめられない」(撮影:鈴木祥)

大江香織のツアー撤退の話題に衝撃が走った「伊藤園レディス」ウィーク。「シードを落とすまでは頑張ろうと思っていた。これ以上自分の伸びしろが感じられない。練習してもこれ以上うまくなれない」とモチベーションの低下を理由に挙げた。優勝争いを演じてトップ10フィニッシュを決めてなお、「スッキリしました!」と語る姿はさっぱりしていた。

大江香織の最後は…左打ちのアプローチでした

さらに18日(月)にはツアーで何勝も挙げている佐伯三貴、一ノ瀬優希が相次いで今季限りで一線から退くことを発表。まるで連鎖するかのように、例年にないペースで中堅選手がクラブを置く決断をしている。

そんななか、「わたしは勝つまでやめられない」と言った選手がいた。大江と同じ東北高校の先輩でもある原江里菜だ。

原は2006年末のQTで43位となり、翌年からツアーに参戦するとすぐさまシードを獲得。さらに08年には「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で初優勝を挙げた。だが、10年に賞金ランキング82位と低迷してシードを喪失すると、11年も27試合中17試合で予選落ち。シード復帰はならなかった。苦しい時期が続いたが12年にシード復活を果たすと、15年には「大東建託・いい部屋ネットレディス」で自身2度目の優勝を飾った。

だが、「テンポを速くする」スイング改造を行った17年は開幕から3戦連続の予選落ちを喫すると、4月にそれまでのスイングに戻したが苦しい成績が続き賞金ランキング65位でシードを喪失。QTランキング50位の資格で出場した翌18年も31試合に出場したが復帰できず。今季はQTランキング1位(リランキング18位)の権利で出場しているが、シードが決まる残り1試合を残して賞金ランキング60位。シード復帰へ崖っぷちの状態となっている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!