「本当は、周吾みたいに毎週優勝争いしたい」石川遼が思わずこぼした本音 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

三井住友VISA太平洋マスターズ

  • 期間:2019年11月14日-11月17日、
  • 場所:太平洋クラブ 御殿場コース(静岡県)

「本当は、周吾みたいに毎週優勝争いしたい」石川遼が思わずこぼした本音

2019年11月13日18時11分

過去2勝の石川遼 逆転賞金王への道を切り開く(撮影:村上航)

三井住友VISA太平洋マスターズ 事前情報◇13日◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262ヤード・パー70>

いよいよ今年の国内男子ツアーもあと4試合を残すのみとなった。目下、賞金王レースのトップに立つのは今平周吾。優勝回数は1勝のみだが、トップ10入りは20試合中10回を数え、そのうち2位入賞は5回となっている。一方、「日本プロゴルフ選手権」、「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ」で2連勝を挙げている石川遼は現在3位につけているが、年間を通して好調を持続し、パフォーマンスの良さを発揮しているのは今平だ。

稲村亜美と深堀圭一郎の美男美女コンビ【大会フォト】

石川は、先の「ZOZO championship」と「WGC-HSBCチャンピオンズ」の海外2試合で、今の自分にはショットの精度や再現性が足りないことを痛感。その2つをテーマに据え、どんな状況でもブレない安定感のあるスイング作りを再構築しようとしている。まさに目指したいのは今平の安定感あるプレー。現在の2人の賞金額の差は約3900万円と、今週の大会の優勝賞金額ほどあるが、石川が勝てば、まだまだ賞金王争いの行方はわからない。しかし当の本人は、そこまで賞金王争いに固執している雰囲気はないようで、今平が賞金王になればそれが妥当だと考えている。

「賞金王っていう称号は、年間を通して誰が一番だったのか? ってことだと思っている。残り4試合で、今年は石川遼(が賞金王)だろうって思われるプレーをしないと賞金王にはふさわしくない。今年は要するに“周吾”って思うんですよ。彼が1位であることは妥当だと思う。彼を今後、賞金額で上回ればいいのか、といわれれば、そこには満足感はない。残り4試合で周吾を上回るには、相当な成績、パフォーマンスが必要だと思う。本当は周吾みたいに、毎週優勝争いしたいですけどね」

太平洋クラブ御殿場コースは自身、2007年にローアマを獲得し、10、12年と優勝している。先週から良くなってきているというショットがさらに安定してくれば、優勝もあり得る好相性のコースだ。終盤4試合、賞金王争いの行方を面白くしてくれるカギは、石川遼が握っていると言っていいかもしれない。(文・大泉英子)

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!