額賀辰徳が“主演舞台”で再起を目指す 「賞金王争いのジャマをしたい」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

三井住友VISA太平洋マスターズ

  • 期間:2019年11月14日-11月17日、
  • 場所:太平洋クラブ 御殿場コース(静岡県)

額賀辰徳が“主演舞台”で再起を目指す 「賞金王争いのジャマをしたい」

2019年11月13日18時00分

今季苦戦の額賀辰徳 前年覇者の奮起に期待(撮影:村上航)

三井住友VISA太平洋マスターズ 事前情報◇13日◇太平洋クラブ 御殿場コース(静岡県)◇7262ヤード・パー70>

「あっという間でしたね」。プロ転向から13年、昨年大会でようやくツアー初優勝を挙げてからの1年間も決して順風満帆とはいえなかった。

額賀辰徳の豪快ドライバースイング【連続写真】

昨年は2017年のチャレンジツアー(AbemaTVツアー)の賞金ランク上位の資格でレギュラーツアー前半戦に参戦。予選落ちが続くなど後半戦は出場機会をつかめず、本大会には主催者推薦で出場。最終日に3打差を逆転しての優勝で、悲願の初優勝を手に入れた。15年以来の賞金シードに復活し、優勝による複数年シードも獲得したが、今季は出場19試合中で予選通過は7試合。賞金ランクは93位に沈んでいる。

「ティショットの精度が長年の課題だった」と、優勝を転機に今季から大幅なスイング改造に踏み切ったことも大きい。徐々に手応えはつかみながらも結果として表れず、なかなか自信につながらない。クラブの面でも試行錯誤を重ねてきたが、その中で前週に思わぬ誤差が発覚した。44.5インチのシャフトに合わせて重量を調節したヘッドに、45インチを装着して1カ月ほど参戦。「ミスショットの傾向を踏まえて一度短いシャフトを試していて、そこから知らない間にごちゃごちゃになっていた」と、微妙なバランスの違いでズレが生じていた。

前週から三菱ケミカルの新シャフト『ディアマナD+リミテッドエディション』を装着し、ヘッドはシャフトに合わせて、PING『G410 LST』から『G410 PLUS』に変えた。「去年はテンセイをいれてすごく良くなったけど、信頼感が強すぎてシャフトのテストをやってこなかった。ヘッドがどんどん新しくなる中で、シャフトもテストしていかないと。フィッティングに関しても勉強になりました」と進化を求る必要性を痛感した。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!