“寝るも商売” 4週間の欠場が鈴木愛の2週連続Vに与えた影響を考察【辻にぃ見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

TOTOジャパンクラシック

  • 期間:2019年11月08日-11月10日、
  • 場所:瀬田ゴルフコース 北コース(滋賀県)

“寝るも商売” 4週間の欠場が鈴木愛の2週連続Vに与えた影響を考察【辻にぃ見聞】

2019年11月12日07時22分

さらに今もケガの再発を防ぐため、一番やっていた時の3分の1ほどに練習量をセーブしていると話した鈴木は、「練習をしている時にミスをすると“なんであんなにやってるのに”ってなるんですけど、今は“やってないから仕方ないか”と自分に期待しなくなった」と、無欲でゴルフに向き合えるようになったと明かしていた。練習をしないという選択肢が、鈴木に好影響を与えている。

■軸のブレが少なくなったことがアイアンのキレを生む
さらに辻村氏は、技術面でも鈴木のこんな変化を指摘する。

「復帰してからショットがすごくいい。スイング時、体の軸のブレが少ないのがその要因でしょう。もともと鈴木選手は左右に軸が動くタイプではありますが、悪い時はそのブレが大きくなり、打点がズレることも多々見受けられます。しかし今はそのブレが自分でコントロールできる範囲内におさまっており、非常に力みがないシャープなスイングができていますね」

このように軸が安定し、打点のズレが少なくなることで、縦距離が合ってくるという利点を辻村氏は解説。鈴木も優勝後、「今週は長いパーパットもなく、ボギーになりそうな場面がほとんどありませんでした」と、ショットのキレを実感していた。

2週前の三菱電機も、先週のTOTOもキレイなグリーンで、左右に振られるピンポジションが目立つなどの共通点があった。特にUSLPGAがピン位置を管理したTOTOは、エッジから3〜4ヤードの場所にカップが切られるホールも少なくなかったが、そのなかで3日間通じて鈴木が喫したボギーはわずかに1つ。アイアンのキレを生かし、得意のパット勝負に持ち込めたところに、勝因があったというのが辻村氏の見立てだ。

■鈴木、ジエ、渋野に絞られた賞金女王争い
この優勝で鈴木は賞金ランクで渋野日向子を抜いて2位に浮上。トップの申ジエ(韓国)との差も約700万円まで詰めた。シーズンも残り3戦。女王争いは、実質この3人に絞られたといってもいい状況まで煮詰まってきた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本結が米女ツアー初出場! 組み合わせはこちら
河本ら日本勢が多数出場する「ゲインブリッジLPGAアット・ボカ・リオ」の組み合わせはこちら
米男ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」組み合わせ
松山英樹らが出場する「ファーマーズ・インシュランス・オープン」のペアリングはこちら
今平が出場! 「オメガ・ドバイデザートクラシック」組み合わせ
今平周吾が出場する欧州ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」の組み合わせはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!