“寝るも商売” 4週間の欠場が鈴木愛の2週連続Vに与えた影響を考察【辻にぃ見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

TOTOジャパンクラシック

  • 期間:2019年11月08日-11月10日、
  • 場所:瀬田ゴルフコース 北コース(滋賀県)

“寝るも商売” 4週間の欠場が鈴木愛の2週連続Vに与えた影響を考察【辻にぃ見聞】

2019年11月12日07時22分

力みがとれ、強さが増した鈴木愛 この先のさらなる躍進に期待

力みがとれ、強さが増した鈴木愛 この先のさらなる躍進に期待(撮影:上山敬太)

先週の「TOTOジャパンクラシック」で米ツアー初優勝を挙げた鈴木愛。左手親指のケガで「日本女子オープン」など4試合を欠場したものの、復帰2戦目となる「樋口久子 三菱電機レディス」で今季5勝目を挙げると、2週連続で勝利をつかんだ。この連勝の要因を上田桃子らのコーチを務める辻村明志氏はどう見たのか。また今後の賞金女王争いも占ってもらった。

ほどよくすっきり 鈴木愛の最新ドライバースイング【動画】

■鈴木愛だからこそ有効に働いた“空白期間”
初日にハナ・グリーン(オーストラリア)と並ぶトップに立つと、2日目に単独首位に躍り出た鈴木。そのまま最終日も逃げ切り、史上3人目となる2週連続の完全優勝を果たした。この連勝を見て辻村氏は、鈴木愛が「ゴルフという言葉を聞くのも嫌だった」とクラブを握らない期間も設けた“空白の4週間”が、いい方向に働いたのでは、という見方をした。

「“練習の虫”として知られる鈴木選手にとって、練習をしないという選択はすごく勇気が必要だったと思う。でも、あれだけ自分を追い込んできた選手が、休むことでニュートラルになり、再び状態を上げる、というのはあることです」

鈴木は、試合から離れたこの4週間のうち、特に最初の2週間は「ゴルフのことは一切頭から離して、プライベートのことばかりを考えていました」と、クラブを握らない日々を送った。パットに悩んだことで、精神状態が落ち込むなか、初の一人暮らしなどをしてリフレッシュ。久々にパターを握った時には、「ストロークの仕方も忘れていた(笑)」ほどだったという。

辻村氏も、「悩んでいる時に練習を重ねることで、自分で動きを複雑にしてしまい、逆に悪い動きが取り除けないということはよくあります。そのなかで自分がパンクしない選択肢を鈴木選手は選ぶことができた。“寝るも商売”といったところでしょうか」と説明。ただ、その後に「これは若い選手がやってはダメです。鈴木選手くらいゴルフを突き詰めていったプロだからこそ、効果があったのでしょう」ということも付け加えた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!