「こんなこともできないの、オレ」 苦節のシーズン終盤、久保谷健一が初の予選通過 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

HEIWA・PGM Championship

  • 期間:2019年11月07日-11月10日、
  • 場所:PGMゴルフリゾート沖縄(沖縄県)

「こんなこともできないの、オレ」 苦節のシーズン終盤、久保谷健一が初の予選通過

2019年11月09日10時01分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 S・ビンセント -10
2 宮本勝昌 -8
3 崔虎星 -7
  B・ケネディ -7
  今平周吾 -7
6 久保谷健一 -6
7 D・ペリー -5
  S・ハン -5
  阿久津未来也 -5
10 池田勇太 -4

順位の続きを見る

久保谷健一が今季初の予選通過

久保谷健一が今季初の予選通過(撮影:佐々木啓)

<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2日目◇9日◇PGMゴルフリゾート沖縄(沖縄)◇7226ヤード・パー71>

「ひとつ言えるのは、今年初めて予選を通りました」。首位と4打差・単独6位につけた久保谷健一は、シーズン終盤でようやく今季初めての予選通過を果たした。

一時はしゃがむこともままならなかった【写真】

今年で47歳を迎え、ここまでの今季17試合で予選落ちが続く中、ひとつの“くぎり”を感じることもあった。「同じコースでやっているのに、自分が思っているカットラインがどんどん上がっていく。毎年思っているんだろうけど、今年はとくに。自分のレベルだと結構いいゴルフをしないと予選を通らない」。2017年の「パナソニックオープン」で同世代の宮本勝昌を下して通算7勝目を飾ったが、持病の腰痛が悪化していき18年は賞金シードを手放した。パナソニックオープンで手にした複数年シードも、今年が最後となっている。

「飛距離が落ちていくのは許せるけど、簡単なことができなくなるのが落ち込む。こんな事もできないの、オレって」。経験を重ねるにつれて、若手選手やこれまでの自身との差を痛感していく日々。数年後のシニア入りも視野に入れ、体に合わせてスイングや道具の変化についても考える一方で、「ちょっと休みたいのもあるかな」とこぼす。

しかし、沖縄開催の大会で過去2度勝利を挙げている久保谷。本大会でも連日の「68」をマークして、「どっちかというと、なんでみんな伸びないの?という感じです。得意かどうかはわからないけど、好きなだけなんですけどね」と余裕もうかがえる。本大会で上位に入れば、賞金シード獲得の可能性も十分に残されている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「山陽新聞レディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦 成績表はこちら
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」の成績表はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!