見ごたえあった最終組の戦い 緊迫の優勝争いで見えたそれぞれの“想い”【辻にぃ見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

見ごたえあった最終組の戦い 緊迫の優勝争いで見えたそれぞれの“想い”【辻にぃ見聞】

2019年11月05日12時00分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 鈴木愛 -14
2 申ジエ -13
3 小祝さくら -12
4 岡山絵里 -11
5 ペ・ソンウ -9
6 勝みなみ -8
  高橋彩華 -8
8 葭葉ルミ -6
  新垣比菜 -6
10 篠原まりあ -5

順位の続きを見る

プレッシャーのかかる緊迫の優勝争いを制した鈴木愛

プレッシャーのかかる緊迫の優勝争いを制した鈴木愛(撮影:鈴木祥)

鈴木愛の今季5勝目で幕を閉じた、先週の「樋口久子 三菱電機レディス」。鈴木をはじめ、申ジエ(韓国)、小祝さくらと最終日最終組に入った3人が、そのままトップ3入りする激しい優勝争いが繰り広げられた。その激闘に、上田桃子、小祝のコーチを務める辻村明志氏もうなった。

辻村氏の“愛弟子”小祝さくらのドライバースイング【連続写真】

■緊迫の優勝争い…終盤のせめぎ合いを賞賛
「見ごたえがある優勝争いでしたが、『ひさびさに最終組から優勝者が出るな』、という感覚がありました」。辻村氏は、ハイレベルな優勝争いを続けた3人を、まずは賞賛。そして、鈴木の最終盤のプレーの印象について話した。

前半を終え後続に3打差をつけていた鈴木だったが、10番に入りジエが怒涛の巻き返しを見せた。鈴木がバックナイン直後から伸ばしあぐねたのに対し、ジエは10番〜13番で3バーディ。さらに15番でボギーを喫した鈴木に対し、ここでもバーディを奪ったジエは1打差まで迫った。そして、そこからはコース内に緊張感が張りつめる、攻防戦が続いた。

16番では、ジエがピン70cmにつけるスーパーショットでバーディチャンスにつけるプレッシャーを受けながら、鈴木も2mのバーディパットを沈めて何度もガッツポーズ。17番でも1.5mと、これまた外してもおかしくはないパットを沈めてナイスパーセーブとした。そして最終18番。最後は、外すとプレーオフという1mのパーパットをねじ込んで優勝したが、鈴木自身が「ここが一番しびれました」と振り返るほど、スリリングなクライマックスだった。

このシーンについて辻村氏は、「あの場面で緩まずに打てるのはすごい」と感嘆の声をあげる。このパーパットは、3mほどのバーディチャンスを外し、「ジャストタッチだと思ったら1mもオーバーして『うわ〜、最悪』って思いました」(鈴木)という状況で回ってきたもの。そのプレッシャーは計り知れない。

おすすめコンテンツ

松山英樹、小平智が出場 米男子ツアーのリーダーボード
松山英樹、小平智が出場する米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」が現地時間28日(木)に開幕する。リーダーボードはこちら。
米国女子ツアー 2021年の開催スケジュール
米国女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
国内女子ツアー 2021年開催スケジュール
国内女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
金谷拓実が出場! 欧州ツアーのリーダーボード
金谷拓実、川村昌弘が出場する欧州ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」が現地時間28日(木)に開幕。リーダーボードはこちら。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!