「米ツアーで十分通用する」 青木コーチが台湾で見た、渋野日向子の“対応力“と“成長” | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

スインギング・スカーツLPGA台湾選手権

  • 期間:2019年10月31日-11月03日、
  • 場所:ミラマーゴルフ カントリークラブ(台湾)

「米ツアーで十分通用する」 青木コーチが台湾で見た、渋野日向子の“対応力“と“成長”

2019年11月01日10時38分

基本的なことをやり続けるのが渋野の強み(左が青木コーチ)

基本的なことをやり続けるのが渋野の強み(左が青木コーチ)(撮影:ALBA)

スインギング・スカーツLPGA台湾選手権 初日◇31日◇ミラマーゴルフ カントリークラブ(台湾)>

台湾でも大きな歓声に包まれスタートした渋野日向子は、いきなりチップインバーディでスタートしていった。ティショットはフェアウェイど真ん中。セカンドは距離が合わずグリーン手前に外れたが、上りのアプローチを見事にカップインさせ、さらなる歓声を浴びた。首位と3打差の8位タイ発進。国内では初日の出遅れが課題とされてきたが、海外に来ると躍動するから不思議だ。

台湾でもこの笑顔がファンを魅了【大会写真】

前半はこのバーディに加え、8番パー4でセカンドを30センチにつけるベタピンバーディ。チャンスにつけてもバーディパットを外すシーンも目立ったが、「ショットについては米ツアーでも十分通用する内容でした」と、帯同する青木翔コーチも認めるほどの出来だった。

グリーンを外しても「寄せやすいところでしたし、基本のピッチエンドランができれば十分ということです」と、ほぼすべてのアプローチがピンをかすめる内容。「米ツアーの選手は場数を踏んでいますし、いろんな状況に対応できるバリエーションがあるのは確かです。でも、すぐにそれができなくてもいいんです」(青木コーチ)。

渋野自身は同組で回ったイ・ジョンウン6(韓国)のアプローチに目を丸くしていたが、「米ツアーに行って経験を積めばできるようになります」と青木コーチは心配していない。いまだ米ツアーメンバー登録に二の足を踏んでいる渋野は「技術不足」と話すが、「ショットでいえば、まったく負けていません」と青木コーチも太鼓判をおす。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!