米ツアー選手は習志野に何を感じた? ベテラン米記者が感じた“美しきニッポン”と今後の課題【記者の目】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ZOZOチャンピオンシップ

  • 期間:2019年10月24日-10月28日、
  • 場所:アコーディア・ゴルフ 習志野CC

米ツアー選手は習志野に何を感じた? ベテラン米記者が感じた“美しきニッポン”と今後の課題【記者の目】

2019年10月31日13時32分

日曜には2万人を超える大ギャラリーが会場を訪れた(撮影:佐々木啓)

日本初の米国男子ツアー「ZOZO Championship」は、台風21号の接近により大打撃を受けながら、無事に72ホールを完走。ただでさえ普段とは違う大会進行のなかで、コース整備や大会運営など、相当な苦労があったはずだ。

ZOZOで82勝達成!取れたてのタイガー最新スイング【写真】

国内男子ツアーは共催大会という形で名を連ねるが、実態は全て米ツアー側の仕切り。コースセッティングや、ホスピタリティ、インタビュー、全てが米ツアー仕切りのため、戸惑いもあったことだろう。そんななかでの“5日間大会”。関係者の奮闘はすばらしかったと思う。

タイガー・ウッズ(米国)が米ツアー最多勝の82勝に並ぶという記念すべき大会となったが、日本のエース松山英樹の追い上げも見事。これ以上ない展開に日本のゴルフファンも酔いしれたことだろう。コースの一部が水没し、140ヤードパー4が生まれ、安全面を考慮し3日目が無観客試合となるなど、苦渋の決断を迫られた部分はあったが、大成功に終わったといっていいのではないか。

今回は初の日本開催ということで、大きな注目が集まった。それは日本に限らず。海外メディアもこの大会には注目していた。USA TODAYのスティーブ・ディメグリオ氏もそのひとり。「すばらしい大会。お世辞抜きに米本土以外の海外試合のなかでもトップクラス」と話した。

「今回は来日自体がはじめてでしたが、まず日本のキレイさに驚きました。コース内もそうですが、街もキレイで本当に過ごしやすい。成田という場所もまったく不自由なく、東京にも近いとあって、選手にも好評でした」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!