「センターでいい」はもう死語!? 女子ツアーで大逆転勝利が増えた理由【辻にぃ見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

「センターでいい」はもう死語!? 女子ツアーで大逆転勝利が増えた理由【辻にぃ見聞】

2019年10月30日07時14分

攻撃的なスタイルが2勝目につながった!

 

攻撃的なスタイルが2勝目につながった!(撮影:上山敬太)

アース・モンダミンカップ」、「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」と並ぶ賞金総額2億円、優勝賞金3600万円というツアー最高賞金額の大会「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」は柏原明日架の6打差逆転で幕を閉じた。

【LPGA台湾選手権 特別動画】米2戦目に挑む渋野日向子 もうひとつの目標は?

6打差というと大きな数字に聞こえるが、今シーズンでは3番目である(「デサントレディース」で渋野日向子が8打差、「フジサンケイレディス」で申ジエが7打差をそれぞれ逆転)。なぜ、今年はこれほどまでの逆転劇が生まれているのか。上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏に解説してもらった。

■怖々していたのはもはや昔 攻撃的になった柏原明日架だから勢いに乗れた
3日目を終えて、柏原は4位タイとはいえ首位とは6打差。ましてや首位に立つのはツアー16勝の名手テレサ・ルー(台湾)。周りからみれば厳しい状況となっていたが、本人は「1ホールでも早く追いつく」と攻めに攻めた。言葉通り、15番のバーディで首位に並ぶと、17番で単独首位に浮上。そのまま逃げ切って今季2勝目を挙げた。

この快進撃に、柏原と同組の小祝さくらのキャディを務めており、間近でプレーを見ていた辻村氏も「初優勝したこともありますが、今までの柏原さんっぽくないプレーでした」と話す。

「昔の柏原さんだったらもっと怖々とやっていたと思います。ですが、今回は楽しそうにプレーしていました。その積極果敢な姿勢は、攻め方にも表れていましたね」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!