前後で散る火花 欲を言えば、横に並ぶ姿が見たかった【カメラマンの景色】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ZOZOチャンピオンシップ

  • 期間:2019年10月24日-10月28日、
  • 場所:アコーディア・ゴルフ 習志野CC

前後で散る火花 欲を言えば、横に並ぶ姿が見たかった【カメラマンの景色】

2019年10月30日12時46分

来年は、2人が一緒に回る姿を見たい(撮影:佐々木啓)

毎週、ゴルフツアー会場で選手たちを撮影し続けるプロカメラマン。インサイドロープでプロゴルファーの凄みや熱気を感じ、ときおり会話のやりとりを見聞きするなど、“試合中の選手たちに最も近いメディア”であるツアーカメラマンが見た印象的な景色を紹介する。【ZOZO Championship編】

前の松山をじっと見つめるタイガー【写真】

日本で初めて行われた米ツアーは、タイガー・ウッズ(米国)がツアー最多タイの82勝を達成するという快挙で幕を閉じた。加えて、日本を代表する松山英樹と優勝争いを演じるという、これ以上ないシナリオで。

「始まる前からとても楽しみにしていました。本戦前の月曜から、練習グリーンでタイガー選手とマキロイ選手が一緒に練習しているのを見たときは、不思議な感覚でした」と佐々木啓カメラマン。日本にこれだけのトップ選手が一堂に会する風景は、ゴルフファンだけでなく、メディアにとっても貴重な1週間だった。

大会初日は1万8000人超え、日曜は2万2000人という驚異的な観客動員数を記録。会場は人で溢れ、あちこちで歓声や拍手が鳴り響く。中々日本では感じることができない熱気で包まれていた。「最終日は接戦の優勝争いの末、タイガー選手の82勝目を撮影できる最高の展開。ただ、欲を言えば最終ラウンドは2人が一緒に回る姿が見たかった」。

競技が順延となったため、第3ラウンドを終えてグループの組み替えを行うこと無くそのまま最終ラウンドへ。そのため、単独首位のウッズと単独2位の松山は、最終組と1組前に分かれてのラウンド。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!