片山晋呉と真逆!C・キムが1W多用で古賀攻略 飛ばしを支える“DJシャフト”【勝者のギア】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

日本オープンゴルフ選手権競技

  • 期間:2019年10月17日-10月20日、
  • 場所:古賀ゴルフ・クラブ(福岡県)

片山晋呉と真逆!C・キムが1W多用で古賀攻略 飛ばしを支える“DJシャフト”【勝者のギア】

2019年10月21日15時17分

チャン・キムがドライバーで古賀を攻略

チャン・キムがドライバーで古賀を攻略(撮影:鈴木祥)

6800ヤード前後と総距離は短いが、グリーンは面積が小さく傾斜がキツいためフェアウェイキープが必須となる古賀GC。同コースで行われた2008年大会では、片山晋呉がドライバーを抜く戦略で優勝した。

チャン・キムが男泣き【写真】

今年のナショナルオープンは、そんな片山の戦略とは真逆の攻略法でチャン・キム(米国)が優勝。平均飛距離319.57ヤード、国内男子ツアー断トツの数字を誇る飛ばし屋は、最終ラウンドで果敢にドライバーを振っていった。

「練習ラウンド、予選ラウンドは3番ウッドとアイアンをメインにして試したけど、ラウンドを重ねるうちにドライバーでトラブルを超えられると思ったから、積極的に使うことにした」。最終日にドライバーを握ったのは計10回。飛距離のアドバンテージを生かしてできるだけピンに近づけ、バーディ量産が難しいとされる本コースで8バーディをマークして逆転優勝を飾った。

持ち味の飛ばしを支えるのは、今季「ダンロップスリクソン福島オープン」から投入しているPINGの『G410 LST』。シャフトは米ツアーの飛ばし屋ダスティン・ジョンソン(米国)も装着していたフジクラ『VENTUS』のブラック。「全米オープン」の会場でテストする機会があり、その時から使用している。以前はブラックよりもスピン量の多いブルーを装着していたが、「速いスイングスピードにはロースピンのほうがいい」と変更。とにかく叩けてスピンが増えないところが気に入っており、より曲がり幅も少なくなり愛用している。

また、玄界灘から強い風が吹く古賀で一役買ったのが、「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ」から投入しているPING『ブループリント』アイアン。「これまで使っていたiブレードのほうが、もう少しヘッドが大きくて少し易しいけど、強風の中ではスピンが入るこっちのほうが役に立つ」と様々なアイアンをテストした上で同モデルに決めた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!