「日本」を米ツアー選手たちの「思い入れのある場所」にしたい【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

「日本」を米ツアー選手たちの「思い入れのある場所」にしたい【舩越園子コラム】

2019年10月21日12時15分

韓国に思い入れが深まったJ・トーマス 日本が特別な場所になる選手の登場にも期待したい

韓国に思い入れが深まったJ・トーマス 日本が特別な場所になる選手の登場にも期待したい(撮影:GettyImages)

先週、韓国で開催された「ザ・CJカップ@ナインブリッジ」は、米ツアーのトッププレーヤーたちが多数出場した豪華フィールドだった。その様子を日本側から眺めていた人々の間からは「だって来週は超リッチなZOZOチャンピオンシップがあるからね」という声が聞こえてきた。

世界の精鋭が千葉に集結!ZOZO開幕前の様子をコースからお届け【ライブフォト】

今週、日本で初開催されるZOZOチャンピオンシップは、確かに「超リッチ」な大会だ。優勝賞金175万ドル(約2億円)、賞金総額975万ドル(約11億円)は、日本ツアーの賞金とは比較にならないほど破格だが、米ツアーのレギュラー大会の中でもかなり高額。ほぼ世界選手権シリーズ並みと言っても過言ではない。

そんなリッチなZOZOチャンピオンシップに出場する選手たちが「太平洋を渡って日本へ来る前に韓国にも立ち寄ったのだ」と思いたくなるのは頷ける。

だが、実を言えば、この3年、賞金額が毎年増額されているCJカップの今年の賞金額は、驚くなかれ、ZOZOチャンピオンシップとまったく同じである。それゆえ、この2大会に出る選手たちは「日本に行くのだから韓国にも行こう」ではなく、「韓国に行こう、そして日本にも行こう」という思考回路を辿ったはずだ。

いずれにしても、韓国から日本へと渡り歩くことで、米ツアー選手たちは2週連続で超リッチな大会に挑むことができ、その翌週は上海で、さらにリッチな世界選手権シリーズの「HSBCチャンピオンズ」が待ち構えている。これぞ、米ツアーが理想に掲げてきた「アジア・スイング」の完成形だ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!