直近3試合で2度のトップ3 菊地絵理香、今季の不振と復調の理由【辻にぃ見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

直近3試合で2度のトップ3 菊地絵理香、今季の不振と復調の理由【辻にぃ見聞】

2019年10月15日17時00分

体全体でボールを押し込める本来のショットが戻ってきた

 

体全体でボールを押し込める本来のショットが戻ってきた(撮影:岩本芳弘)

台風19号接近に伴い27ホールの短縮競技となった「スタンレーレディス」で2位タイに入った菊地絵理香。2週前の高校時代を過ごした宮城で行われた「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」でも3位タイに入り、ここ3試合でトップ3が2度と2年ぶりのツアー優勝に向けて上り調子だ。上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏も「秋に向けて期待する選手です」と話す。

今年6月の菊地絵理香のドライバーショット【連続写真】

■ショットメーカーでクレバーなゴルフをするからこその不振
2013年から5年連続で4000万円以上獲得している菊地だが、今季は苦しんでいた。4月の「スタジオアリス女子オープン」で2位タイ、5月の「ほけんの窓口レディース」で6位タイがあるが、それ以降でトップ10に入ったのはミヤギテレビ杯まで1度のみ。昨年年間トップ10回数7位の実力者からすると寂しい順位が続いた。辻村氏はこうなってしまった理由の1つとして、菊地のスタイルとツアー全体の大きな傾向の変化によるものだという。

「菊地さんはボールの落としどころ、落ちてからの転がりを計算してゴルフを組み立てる選手。それはショット力があるからに他なりません。また、難しいホールではピンではなくグリーンセンターを狙うなどメリハリのある攻め方ができるクレバーなゴルファーです。だから、多くの選手が苦戦するようなコースで強い。砲台グリーンが多いところ、グリーンが固くて止まらないところでこそ真価を発揮します」

そんなショットメーカーのアドバンテージが、減少するような傾向が今年のツアーでは見られたのである。

「今年の女子ツアーは全体的に柔らかく重たいグリーンが多い。ということは多少ショット力が不足していてもビタッとボールを止められる。加えてボールのランが出ないわけですから、落とした後の転がりがイメージよりちょっとブレても大きなミスとならない。ほとんどの選手がピンをガンガン狙っていきますよね。そうなると菊地さんの良さが出にくくなる」

おすすめコンテンツ

現地直送! 国内女子21年初戦の撮れたてフォト
シブコ、ボミ、エリカ…。女子プロの笑顔をどこよりも早くお届け!
国内女子ツアー21年初戦! 組み合わせはこちら
シブコは? ボミは? 原英莉花は? 「ダイキンオーキッドレディス」の組み合わせをチェック!
【100切りレッスン】ドライバーのOBを防ぐ
100を切るにはつまらないダボを減らすこと。とにかくドライバーのOBを何とかしたい!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【2021年版】ゴルファー大調査アンケート結果
平均スコアやゴルフ上達法、人気のYouTubeまで…。アマチュアゴルファーの“今”を知る!
見て楽しい着けて楽しい! プロたちのマスク七変化
中には“激レア”も!? 女子プロたちのマスク姿、写真で見せちゃいます。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!