欧米にはない“プレミアグッズ” 名前入りボールは日本特有の文化だった【記者の目】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ブリヂストンオープン

  • 期間:2019年10月10日-10月13日、
  • 場所:袖ケ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県)

欧米にはない“プレミアグッズ” 名前入りボールは日本特有の文化だった【記者の目】

2019年10月14日12時43分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 今平周吾 -11
2 S・ハン -10
  貞方章男 -10
  藤田寛之 -10
  大槻智春 -10
6 清水大成 -8
  P・ピーターソン -8
  B・ケネディ -8
  木下稜介 -8
  秋吉翔太 -8

順位の続きを見る

稲森佑貴のイラスト入りボール

稲森佑貴のイラスト入りボール(撮影:ALBA)

先週の「ブリヂストンオープン」ではブリヂストンスポーツの新ボールがお披露目され、宮本勝昌近藤智弘など契約プロがさっそく実戦投入。そんな中、今季初優勝を挙げた比嘉一貴は、オウンネームのボールができるまで使わないという。

ジャンボ尾崎のオウンネームボールはこんな感じ【写真】

プロたるもの、名前の有無で微妙に視覚的にも影響が出るのかもしれない。そう思って理由を聞いてみると、意外な答えが返ってきた。「ファンの人にボールを渡すとき、そっちのほうが喜んでもらえるかと思って」。

プレー中に自分のボールが判別しやすいという利点もあって、ほとんどの選手のボールには名前が入っている。なんとなく当たり前の事だと思っていたのだが、ファンにとっては、これがひとつの“プレミアグッズ”。比嘉の一言がきっかけとなり、他の選手のボールも気になった。

練習グリーンをのぞいていると、さっそくファンからサインを求められていたのが稲森佑貴。まさに稲森の名前入りボールを手にしたファンが集まっていた。「普通のボールをもらうより、絶対いいです。最高です」と差し出されたボールには、名前だけでなく似顔絵のイラストが入っている。

イラスト付きになったのは、今年の9月から。7月に出場した「全英オープン」ではまだ名前のみだったが、「“ヘイユーキ、ボールプリーズ!”って、名前だけでもすごく喜ばれました。子どもたちにも、ちょうだい、ちょうだいって言われて」と大好評だ。まだなじみのない海外ツアーでも、ボールをもらったファンにとっては“ゆうき”というプロは特別な選手の一人として、きっと記憶に残っただろう。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 米男子ツアーのリーダーボード
日本勢6人が出場する米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」が現地時間14日(木)に開幕! リーダーボードはこちら。
国内女子ツアー 2021年開催スケジュール
国内女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
米国女子ツアー 2021年の開催スケジュール
米国女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!