1日だけ入れた4番アイアン 強風、ピン位置の見きわめが勝利を生む【勝者のギア】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

日本女子オープンゴルフ選手権

  • 期間:2019年10月03日-10月06日、
  • 場所:COCOPA RESORT CLUB 白山ヴィレッジゴルフコース QUEENコース(三重県)

1日だけ入れた4番アイアン 強風、ピン位置の見きわめが勝利を生む【勝者のギア】

2019年10月07日18時12分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 畑岡奈紗 -18
2 大里桃子 -14
  ユ・ソヨン -14
  岡山絵里 -14
5 ぺ・ヒギョン -10
  高橋彩華 -10
7 渋野日向子 -9
8 テレサ・ルー -7
9 梶谷翼 -6
  松田鈴英 -6

順位の続きを見る

「良くも悪くも…」という状態だったがアイアンショットが冴えわたった

「良くも悪くも…」という状態だったがアイアンショットが冴えわたった(撮影:上山敬太)

国内メジャー連勝で、通算4つ目の日本タイトル。ショットが完全ではないなかで、畑岡奈紗がまたしても圧巻の勝利を飾った。国内ツアー組に地力の違いを見せつけた勝利の要因はどこにあったのか。

ニューゼクシオ、ついにお披露目!これがその姿です【写真】

優勝スコアをトータル20アンダー、つまり1日5アンダーに設定して1週間をスタートし、3日目まではプラン通り「67」を並べた。首位タイでスタートした最終日は特にショットに苦しんだが、切れ味鋭くピンに向かうアイアンショットに、チャンスで決めきるパッティングで後続を振り払った。

日本ゴルフ協会(JGA)主催競技といえば、『林間コース』に『硬いグリーン』がおなじみだが、今年の会場はリゾートコース。高台にあるコース内のほとんどは、ホール間に木もなく風が吹き抜ける。距離も長くなく、グリーンのスピード、硬さもそれほど出ないなかでの予選ラウンドは各選手スコアを伸ばしたが、3日目に一変。「ここ?」という声も聞かれるほどの傾斜にカップが切られるなど、一気にスコアを落とす選手も現れた。

自ずとリーダーボードの上位は実力者で固定されるが、なかでも安定した数字を残した畑岡が一枚上手だった。最終日は5番で1.5メートル、8番で2.5メートルを決めるなど、抜群のアイアンショットで攻め、同組で優勝を争った大里桃子らにプレッシャーをかけた。

今季はあまりクラブを替えていない畑岡。先週も、先月の「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」優勝時とバッグの中身は変わらなかった。目指すスイングとギアが一致した、充実の勝利だったともいえるだろう。ちなみに3日目には、風が強まったなかで、4番アイアンを入れているが、これも1日だけ。コースによってではなく、その日のコンディションによってクラブを替える判断。そんな見きわめも畑岡の強さといえるだろう。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!