魅せた世界の技 畑岡奈紗は“ナイスボギー”で3打差発進 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

魅せた世界の技 畑岡奈紗は“ナイスボギー”で3打差発進

2019年09月27日19時37分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 ペ・ソンウ -6
2 比嘉真美子 -4
  山戸未夢 -4
  柏原明日架 -4
  辻梨恵 -4
6 酒井美紀 -3
  小野祐夢 -3
  河本結 -3
  畑岡奈紗 -3
10 香妻琴乃 -2

順位の続きを見る

畑岡奈紗は、こんなライからでも畑岡らしく勝負!

畑岡奈紗は、こんなライからでも畑岡らしく勝負!(撮影:上山敬太)

<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 初日◇27日◇利府ゴルフ倶楽部(宮城県)◇6505ヤード・パー72>

多くの選手が「難しい」と語る今年の利府ゴルフ倶楽部。渋野日向子が2オーバーの49位タイ、原英莉花は6オーバーの89位タイと実力者たちも苦戦するセッティングとなっているが、畑岡奈紗は「まだアイアンの縦の距離が合っていないですね。ミスジャッジもありました」という状態のなか、3アンダーにまとめて首位と3打差の6位タイと順調な滑り出しを見せた。

そしてインパクトはこちら!【大会写真】

1番で残り112ヤードからの2打目1.3mにつけてバーディを先行させると、続く2番では6mを決めて連続バーディ。そして、圧巻だったのは3番。格好の展開で迎えたが、ティショットを右に曲げてラフに入れると、そこからの2打目がガードバンカーのアゴに突き刺さった。アンプレヤブル、もしくはグリーンではなく花道方向に出すということまで考えられる状況だった。

だが、畑岡はグリーン面を確認すると左足はラフ、右足はバンカーというライから「出ればいいし、出なくてボールがバンカーに戻ってきてもそこから打ち直せばいい」と果敢にバンカーショットを敢行すると、砂ごと飛ばす、まさにこれぞ“エクスプロージョンショット”でナイスアウト。「体勢の影響で最後クラブが被って入ってしまったぶん、左に行ってしまった」とピン方向には出せず、長いパーパットが残ってしまったためボギーとなったが、「あそこまで出せたのは良かった」と被害を最小限に食い止め、上位発進へとつなげた。

芳しくない状態面を考え、いつもの攻撃性は幾分なりを潜めていたが、2日目からは攻勢に出る。「まずまずのスタートを切れたので、あと2日間体調を整えて攻めのゴルフができたらいいですね」。2017年大会で優勝したときは初日49位タイ。そこから「64」、「65」で華麗な圧勝劇を見せた。今大会ではそれ以上のスタート。攻めに転じる2日目から独走態勢に入る可能性も十分にある。(文・秋田義和)

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!