“ミラクル渋野”再び!  8打差逆転Vの渋野日向子、次なる狙いは…日本人初のルーキー賞金女王 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

デサントレディース東海クラシック

  • 期間:2019年09月20日-09月22日、
  • 場所:新南愛知カントリークラブ 美浜コース(愛知県)

“ミラクル渋野”再び!  8打差逆転Vの渋野日向子、次なる狙いは…日本人初のルーキー賞金女王

2019年09月22日16時29分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 渋野日向子 -13
2 申ジエ -11
  テレサ・ルー -11
  李知姫 -11
  濱田茉優 -11
  上田桃子 -11
7 イ・ミニョン -10
  野澤真央 -10
9 鈴木愛 -9
  三ヶ島かな -9

順位の続きを見る

歓喜の瞬間も…パターを持っていました

歓喜の瞬間も…パターを持っていました(撮影:村上航)

デサントレディース東海クラシック 最終日◇22日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(愛知県)◇6437ヤード・パー72>

トータル13アンダーでホールアウトしてから約1時間30分後。プレーオフに備えて、もくもくとパター振っていた練習グリーンで、渋野日向子に優勝の吉報が届いた。それまで緊張感を保っていた表情は一気に緩み、キャディとハイタッチをして喜びを分かち合った。この瞬間、ツアー史上2位タイとなる8打差の大逆転劇がフィナーレを迎えた。

長かった待ち時間…もぐもぐタイムもありました

2日目を終えて、トータル5アンダーの20位タイにつけた渋野。一方、トップの申ジエ(韓国)はトータル13アンダー。これをひっくり返すことの難しさは、渋野本人も自覚していることだった。「逆転はほぼムリだと思いました。最後まで悔いなく攻めていこう」。優勝にとらわれないプレーを心がけたとしても、無理はない。だが、この1年で数々の“奇跡”を起こしてきた20歳に、この日またしても勝利の女神がほほえんだ。

4番パー3で8mのバーディパットをねじ込むと、続く5番パー5でも残り222ヤードの三打目を50cmにつけ、楽々バーディを奪った。さらに本人が勢いに乗れた要因として振り返った6番は、2.5mのチャンスをジャストタッチで沈めた。「微妙な曲がり方をするパットを沈めることができて、いけるかなと思った。最近2連続まではいくけど、3連続が難しかったので」。快進撃へ向け、ギアがトップまで上がった。

さらに、ここから4つ伸ばして迎えた16番では、グリーン左15ヤードの難しいラフからチップインバーディ。笑顔を浮かべ、そして強く2回こぶしを握った。「ここは初日ボギーで、2日目も危ないパーでした。しかも最近アプローチがうまくいかないことが多かったので、それが入ってうれしかった」。ここでジエを抜いて、トータル13アンダーの単独トップに躍り出た。

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 米男子ツアーのリーダーボード
日本勢6人が出場する米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」が現地時間14日(木)に開幕! リーダーボードはこちら。
国内女子ツアー 2021年開催スケジュール
国内女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
米国女子ツアー 2021年の開催スケジュール
米国女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!