畑岡奈紗が日本人史上最速で生涯獲得1億円を突破 大西葵がシード入り目前に【女子賞金ランキング】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

畑岡奈紗が日本人史上最速で生涯獲得1億円を突破 大西葵がシード入り目前に【女子賞金ランキング】

2019年09月16日12時14分

畑岡奈紗が優勝賞金3600万円を手にした

 

畑岡奈紗が優勝賞金3600万円を手にした(撮影:鈴木祥)

今季のメジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」を終えた国内女子ツアーの最新賞金ランクが発表された。

渋野効果でギャラリー1万人超!すごい行列…【大会フォトギャラリー】

2位に8打差という圧勝で国内メジャー通算3勝目をつかんだ畑岡奈紗が、優勝賞金3600万円を獲得。今季国内での通算を約3723万円とし、ランク21位となった。またこの結果、17試合目にして日本での生涯獲得賞金1億円を突破(約1億2052万円)。これまで宮里藍(27試合目)が持っていた日本人最速記録を大きく上回る大台到達となった。

また大会を2位タイで終えた大西葵が1580万円を加算し、今季通算を約2256万円とした。この結果、賞金シード入りの目安となる、昨年の賞金ランク50位の約2222万円(大城さつき)を突破。今季は昨年より1試合多いため、多少基準が上がる可能性もあるが、ボーダーラインを上回り、自身初となるシード入りが目前に迫った。

上位陣は大きな変動はなく、ランク1位は、先週予選落ちした申ジエ(韓国、約1億1156万円)のまま。ランク2位の渋野日向子は、33位タイで大会を終え賞金124万円を獲得。今季通算額を約9203万円に伸ばしたが、目標に掲げる国内賞金1億円突破は次週以降に持ち越しとなった。3位はイ・ミニョン(韓国、約9187万円)、4位は鈴木愛(約8594万円)、5位は穴井詩(約7707万円)となっている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!