猛特訓敢行の渋野日向子 新たに取り入れたティアップ練習は次なるメジャー対策 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯

  • 期間:2019年09月12日-09月15日、
  • 場所:チェリーヒルズゴルフクラブ(兵庫県)

猛特訓敢行の渋野日向子 新たに取り入れたティアップ練習は次なるメジャー対策

2019年09月15日08時04分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 畑岡奈紗 -13
2 吉本ひかる -11
3 フォン・シャンシャン -10
4 三ヶ島かな -9
  金澤志奈 -9
  田中瑞希 -9
7 篠原まりあ -7
  河本結 -7
  大西葵 -7
10 全美貞 -6

順位の続きを見る

渋野日向子は連日の猛特訓 最終日の爆発なるか

渋野日向子は連日の猛特訓 最終日の爆発なるか(撮影:岩本芳弘)

<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 3日目◇14日◇チェリーヒルズゴルフクラブ◇6425ヤード・パー72>

初日から通算して16バーディを奪いながらもトータル1オーバーと苦戦している渋野日向子。全英制覇後は多忙を極め、体調も崩すなど本調子とはいえないなか、なんとかここまで乗り切ってきた。ところが、ここにきてプレー内容は乱打戦の様相。疲れは当然ながらゴルフにも影響を及ぼしている。

こちらは豪快なドライバースイング【スイング連続】

多くのビッグスコアが飛びだしている大会とはいえ、ひとたび深いラフに入れば、高難度のショットが求められる。そんななかで、日を追うにつれスイングの悪いクセも顔を出している。インパクトの瞬間に上体が浮いてしまう悪癖に加え、ラフの抵抗を考え過ぎて、力任せに振ってしまう突発性のミスも出てきた。

そんな状況には対策をうった。2日目の4時間の打ち込みに続き、3日目も猛特訓。いままで試したことのない練習法も取り入れた。練習場でドライバーほどの高さにティアップしたボールをピッチングウェッジ、51度、57度、そして超軟らかシャフトを装着した8番アイアンで、ボールだけをうまく拾うという練習を繰り返した。

この方法を取り入れたのにはワケがある。渋野を指導する青木翔コーチに聞いてみた。「ラフに入っているからといって、上から打ち込めばいいわけではありません。意外と芝に浮いている場合もありますし、そういう時に打ち込んでしまっているように見えました。そのため、うまくボールを払うように打てるようにとやってみました」。知らず知らずのうちに力が入っていた渋野の突っ込みスイング矯正に取り組んだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!