石川遼、首位と7打差の代償で得たものは“自分の中にあった甘さへの気づき” | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

RIZAP KBCオーガスタ

  • 期間:2019年08月29日-09月01日、
  • 場所:芥屋ゴルフ倶楽部(福岡)

石川遼、首位と7打差の代償で得たものは“自分の中にあった甘さへの気づき”

2019年08月31日19時21分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 比嘉一貴 -20
2 M・ヘンドリー -17
  今平周吾 -17
4 時松隆光 -16
  岩田寛 -16
6 S・ビンセント -14
  星野陸也 -14
  黄重坤 -14
  G・チャルングン -14
10 木下稜介 -13

順位の続きを見る

石川遼の発見 あすはどこまで伸ばすのか

石川遼の発見 あすはどこまで伸ばすのか(撮影:佐々木啓)

RIZAP KBCオーガスタ 3日目◇31日◇芥屋GC(福岡県)◇7103ヤード・パー72>

朝のドライビングレンジでは、好調なショットを連発していた石川遼。好天にも恵まれ、この日は7アンダーを出せるのではないかという期待が自分自身にあったという。しかし、終わってみれば、1イーグル、3バーディ、2ボギーの「69」止まり。首位とは7打差の10位タイに後退した。

HKTもノリノリダンスで男子ツアーを応援【写真】

「そんなにショットが悪かったわけではありませんが、ピン側につけることができていなかった感じですね」

と振り返る。この日の石川はラウンドを通して流れにうまく乗り切れなかったように見えたが、スタートの1番パー4でのプレーがこの日のラウンドを暗示していたのかもしれない。ティショットをアイアンで打ちながら右ラフに入れると、第2打がグリーン右手前のバンカーにつかまる。ピンが手前のグリーンエッジから9ヤード。できれば手前から攻めたい気持ちがあったのか、ボールはグリーンに届かず、ラフの中へ消える。チップインを狙ったものの、ボールはカップを30センチショートして、ボギーに終わった。石川には珍しく1番から5番までパーオンしないホールが続く。

「いい球を打っているのにグリーンをオーバーしたり、ショートしたりで、クラブが半番手ほど合っていませんでしたね」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本結が初戦でトップ10入り! 結果はこちら
河本が米女ツアー初参戦!「ゲインブリッジLPGAアット・ボカ・リオ」の結果はこちら
米男ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」結果
松山英樹、T・ウッズらが出場した「ファーマーズ・インシュランス・オープン」の結果はこちら
今平が出場! 「オメガ・ドバイデザートクラシック」結果
今平周吾と川村昌弘らが出場した欧州ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」の結果はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!