石川遼が語る 渋野日向子の“渾身の”3パット | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ

  • 期間:2019年08月22日-08月25日、
  • 場所:ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)

石川遼が語る 渋野日向子の“渾身の”3パット

2019年08月24日19時02分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 石川遼 -16
2 C・キム -13
  堀川未来夢 -13
4 池田勇太 -11
  J・パグンサン -11
6 大槻智春 -10
  秋吉翔太 -10
  金飛烏 -10
9 小鯛竜也 -9
  G・チャルングン -9

順位の続きを見る

石川遼が渋野日向子について語る

石川遼が渋野日向子について語る(撮影:鈴木祥)

長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ 3日目◇24日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)◇7178ヤード・パー72>

第3ラウンドを終え、2位に3打差をつけて単独首位に立った石川遼。優勝に向けて絶好の立場をキープしたが、この日は追いかけられるプレッシャーから、持ち味の攻めのゴルフを出し切ることができなかった。

現地で撮影 石川遼の最新ドライバースイング【連続写真】

「(トップに立つのは)やりにくい。自分次第で世界が変わってしまうという、典型的なもの。自分の中で、いきなりドラマが始まっちゃうんでしょうね」と、そのプレシャーを表現する。トップに立って、勝ちを狙ったときほど攻めの姿勢に徹することが難しくなるのかもしれない。

「10代のころのほうが、前のめりにいっていた」と振り返る。そんな中、ふと口にしたのが、国内女子ツアーで活躍する渋野日向子の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」での最終ホールについてだった。

約5mのバーディパットを決めれば優勝、パーならプレーオフという状況で上がった18番グリーン。渋野が放ったバーディパットは、「全英AIG女子オープン」で勝利を決めたバーディパットと同じく強気の1打。これがカップを大きくオーバーして、返しも入らず3パットのボギーで優勝争いからこぼれ落ちた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!