経験を積んだから気づいた 原英莉花が感じた最終組の難しさ | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

  • 期間:2019年08月16日-08月18日、
  • 場所:軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)

経験を積んだから気づいた 原英莉花が感じた最終組の難しさ

2019年08月18日14時54分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 穴井詩 -14
2 イ・ミニョン -14
3 濱田茉優 -13
  渋野日向子 -13
5 上田桃子 -11
  申ジエ -11
7 ペ・ソンウ -10
  小祝さくら -10
9 原英莉花 -9
  黄アルム -9

順位の続きを見る

またしても最終組で勝てず…試行錯誤の日々は続く

またしても最終組で勝てず…試行錯誤の日々は続く(撮影:佐々木啓)

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇18日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6705ヤード・パー72>

「めっちゃ勝ちたいです」。首位と1打差につけた2日目、迷わず勝利への意欲を口にした原英莉花。最終日は単独首位の濱田茉優、同級生の渋野日向子との最終組で逆転優勝を目指したが、2バーディ・2ボギーの「72」とスコアを伸ばせず。トータル9アンダーの9位タイに終わった。

最終組から優勝者は生まれず…渋野日向子と健闘をたたえ合った原英莉花

「残念だけれども、まだまだでしたね。本当に」。2番パー5から連続ボギーと流れの悪いスタート。4番ティへ向かう前、悪い流れを振り払うようにとっさにボールをファンのもとへ投げた。「はじめてやりました。ファンのかた、大丈夫だったかな?」と苦笑したが、ファンにとってはそれもサービスのひとつとなったようだ。

しかし、流れが好転することはなかった。その後もリズムに乗れず。バーディパットがカップをかすめては横をすり抜け、カップに蹴られて入らずと、勝利の女神が原に微笑むことはなかった。

「最終組って、気持ちの持ち方が難しい。初めてのときは気づかなかったけど何回か経験してわかりました」。気持ちが強く入るあまり、空回りしてしまう。「欲をかきすぎてしまう。最終組こそ、安全にパーをとっていくような石橋を叩いて渡るようなプレーをしたほうが波に乗れるのかな」。攻めるのか、守るのか。自分にとってどっちがいいか見つからない。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!