“カッチーン”ボギーでスイッチオン! 渋野日向子の華麗なる復活劇 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

  • 期間:2019年08月16日-08月18日、
  • 場所:軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)

“カッチーン”ボギーでスイッチオン! 渋野日向子の華麗なる復活劇

2019年08月17日18時13分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 濱田茉優 -10
2 渋野日向子 -9
  原英莉花 -9
4 黄アルム -8
  イ・ミニョン -8
  比嘉真美子 -8
  勝みなみ -8
8 笠りつ子 -7
  穴井詩 -7
  大西葵 -7

順位の続きを見る

渋野日向子はボギーでカッチーンからの連続バーディ!

渋野日向子はボギーでカッチーンからの連続バーディ!(撮影:村上航)

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目◇17日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6705ヤード・パー72>

この日も多くのファンを引き連れた渋野日向子。前半は4バーディ・2ボギーの「34」と慌ただしい展開となったが、ギャラリーからは「ボギーを打っても、またバーディを獲るだろう」という声が聞こえてきた。

渋野日向子 全英でのドライバースイング【動画】

今季のバウンスバック率(ボギーかそれより悪いスコアとしたホールの直後に、バーディかそれよりいいスコアを獲得する率)1位の渋野。ギャラリーの間でも、“一歩後退してもすぐに巻き返してくれるだろう”という安心感のようなものが感じられた。

この日、真価を発揮したのが16番パー5からの上がり3ホール。480ヤードのパー5は2オンを狙いたいところ。しかし、ティショットをラフに入れレイアップ。フェアウェイからの3打目もグリーンに乗らずにグリーン右奥に外し、寄せも失敗。5オン1パットのボギーで「このボギーはカッチーンですよ」。

ここからギアが入ったように、17番パー3では7番アイアンで放ったティショットを2mにつけてバーディ。18番パー4は2打目を2.5mにつけてバーディフィニッシュ。トータル9アンダー、首位と1打差の2位タイで国内3勝目に歩みを進めた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!