『インサイドイン』のフェードボールでベタピン連発 稲見萌寧のフェースコントロールを生む反復練習【辻にぃ見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

『インサイドイン』のフェードボールでベタピン連発 稲見萌寧のフェースコントロールを生む反復練習【辻にぃ見聞】

2019年08月13日17時50分

ツアーナンバーワンのパーオン率にはこんな秘密が

 

ツアーナンバーワンのパーオン率にはこんな秘密が(撮影:佐々木啓)

渋野日向子の余韻覚めやらぬ国内女子ツアー。その渋野や河本結ら今季のシードを持っていない選手たちが開幕から沸かせているが、なかでも今季前半戦の全試合出場権すらもたないなかでリランキング突破、そして初優勝とまさに下克上といった戦いを見せているのが黄金世代の1つ下の稲見萌寧だ。上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏も、「13試合でトップ10が7回。素晴らしいというほかありません」と賛辞を送る。

フェースコントロールが絶品 稲見萌寧のスイング連続写真

■圧倒的なパーオン率を生み出す薄いフェード ポイントは左ワキ
「北海道meijiカップ」でも7位タイに入った実力者は、スタッツでも確かな実力を示している。なかでも自身が「一番の武器」と語るアイアンショットが反映されるパーオン率79.3447%は、2位のイ・ミニョン(韓国)より約3.5%も上回る圧倒的な数字。

そのパーオン率を生み出す秘訣が、“薄い”フェードだと辻村氏。「稲見さんは比較的フェースローテーションを少なくフェース面を常に一定の使い方をするフェードヒッターです。曲がりも極めて薄く、ある程度の飛距離を出しながらコントロールの効いた止まるボールが打てるアイアンショットで勝負してくるタイプです。曲がり幅が少ない分、コントロールしやすいですし、マネジメントも計算が立つ」。パーオン率2位のミニョンもフェードヒッター。やはり年々固くなるグリーンでもボールを止めるためには、ドローよりも分があるといったところ。

だが、二人が違うのはクラブの軌道。フェードを打つために確実にアウトインにクラブを入れてくるミニョンに対して、稲見はインサイドインの軌道でインパクトを迎える。

「フェードヒッターと言っても多くの方は『アウトサイドイン』をイメージするでしょうが、稲見さんの良さは外からヘッドが入らない『インサイドイン』のフェードボールです。ミニョンさんは左へのミスを絶対的に嫌がりますが、右へ曲がりが大きすぎる分にはある程度OKというタイプ。対して稲見さんにとっての悪いときのクセというは“クラブがアウトから、高いとこから入ってきてしまう”こと。アウトから入りすぎてしまえばこすれたスライスになってしまうからです。それを嫌う。防ぐために、インサイドからクラブを入れているのだと思います」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!