遼、2打差9位タイ発進「6つバーディを獲れたのが収穫」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

アジアパシフィック パナソニックオープン

  • 期間:2010年09月23日-09月26日、
  • 場所:六甲国際ゴルフ倶楽部 東コース(兵庫県)

遼、2打差9位タイ発進「6つバーディを獲れたのが収穫」

2010年09月24日18時27分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 小田龍一 -4
2 石川遼 -3
  甲斐慎太郎 -3
4 丸山大輔 -2
  片山晋呉 -2
  M・ヘンドリー -2
  盧 承烈 -2
  S・K・ホ -2
  S・ヘンド -2
  松村道央 -2

順位の続きを見る

多くのギャラリーが詰めかけ石川に声援を送った

多くのギャラリーが詰めかけ石川に声援を送った(撮影:岩井康博)

アジアパシフィック パナソニックオープン 第1R>◇24日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(7,255ヤード・パー71)

 兵庫県にある六甲国際ゴルフ倶楽部を舞台に開幕した、国内男子ツアー「アジアパシフィック パナソニックオープン」の第1ラウンド。ホストプロの石川遼が、首位とは2打差の9位タイと好スタートを切った。

「石川遼1打速報」で全ストロークを振り返る

 平日にも関わらず大勢のギャラリーがつめかけたこの日。1番ティからスタートした石川は出だしの2番でバーディを獲ると、4番と7番でもバーディを奪取し順調にスコアを伸ばしていく。しかし8番でボギー、9番ではセカンドを木に当ててしまいボギーとスコアを後退させてしまう。後半でも3つのバーディを奪うもののボギーも2つ叩き、この第1ラウンドは6バーディ・4ボギーの2アンダーでホールアウトした。

 「息のつまるような時間が普段より多かった」とラウンド後にコメントした石川。後半はティショットの乱れからラフからセカンドを打つことが多くなり、下手をすればもっとスコアを崩していたかもしれないが、リカバリーショットが冴え「練習しないようなショットが運よく上手くいきました」と運に救われた場面も多かったことを明かした。「バーディをたくさん獲れたのが今日の収穫です」まずまずの位置で終われたことに安堵したようだが、最後には「明日はまたゼロからという気持ちでさらに上を目指したい」と気合を入れなおしていた。

 当面の目標は「日曜日に最終組でプレーすること」と話した石川。「今日のように6つバーディが獲れれば可能性はあると思う」ホストとして更に大会を盛り上げるべくバーディを量産し、明日はさらに上位を狙う。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!