苦節乗り越え世界に認められた渋野日向子 コーチとの1年半を振り返る【記者の目】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

全英AIG女子オープン

  • 期間:2019年08月01日-08月04日、
  • 場所:ウォーバーンGC・マルケスコース(英国)

苦節乗り越え世界に認められた渋野日向子 コーチとの1年半を振り返る【記者の目】

2019年08月08日16時03分

二人のこの笑顔が最強タッグの証

二人のこの笑顔が最強タッグの証(撮影:村上航)

日本勢が9人出場した女子版の全英オープン。20歳の渋野日向子が海外試合初出場で、優勝をさらった。日本人メジャー優勝は樋口久子以来42年ぶりの偉業だった。

北の大地でも“シブコ”フィーバー!報道陣が殺到【事前フォトギャラリー】

ドイツからロンドン行きの格安航空会社フライトが急遽キャンセル、たらい回しで空港を走り回らされ、国際免許とクレジットカードを紛失。デュッセルドルフ空港で一夜を明かし、1日遅れで失意の英国入り。当初の予定より大幅な遅れでレンタカー手配にも狂い。借りられたのは小型のトラック。そんな暗雲立ち込めるスタートの全英取材となったが、コースに到着して笑顔で迎えてくれたのが渋野だった。

大会前の月曜日。渋野日向子の練習ラウンドについていった。日本と変わらない様子。「勝ったから言えるのだろ」と突っ込まれそうだが、その時のプレーを見ていて思ったのは、「そこそこやれるのでは」だった。6ホールだけだったが、カナダの妖精、ブルック・ヘンダーソンとのラウンド。練習とはいえ、世界トップの選手をしのぐ内容だった。

ドライバーは曲がらず、アイアンもグリーンを正確にとらえた。上々の調子を保っているのは明らかだった。あとはグリーン上の勝負。入り出したら止まらない、長いものから短いものまで、なんでもガツガツ、カップ反対側の縁を壊しながら、前をこじ開けていく。そんなスタイルがメジャーでも健在なら、勢いがある今、「そこそこ」の位置では終わると思っていた。

そんな「そこそこ」の勝手な期待は、見事に裏切られた。メジャー大会のプレッシャーなどというものは、こっちが勝手に決めつけているもの。渋野自身は、「あくまでも1つの試合」という意識で、むしろ国内試合よりもリラックスして見えた。そして、のちに、日本が誇る微笑み天使が快挙を成し遂げる。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」ライブフォト
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のライブフォトをお届け! “シブコ・フィーバー”が止まらない!
米男ツアー「BMW選手権」速報
松山は最終戦に向けての正念場!「BMW選手権」の速報はこちら
川村昌弘が出場!「D+Dレアルチェコマスターズ」速報
川村が出場する欧州ツアー「D+Dレアルチェコマスターズ」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!