「ここは日本か?」 大応援を背に渋野日向子は後半「30」のビックリ2位発進 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

全英AIG女子オープン

  • 期間:2019年08月01日-08月04日、
  • 場所:ウォーバーンGC・マルケスコース(英国)

「ここは日本か?」 大応援を背に渋野日向子は後半「30」のビックリ2位発進

2019年08月02日07時04分

コーチがキャディ 二人三脚でロケットスタートの渋野日向子

コーチがキャディ 二人三脚でロケットスタートの渋野日向子(撮影:村上航)

全英AIG女子オープン 初日◇1日◇ウォーバーンGC(イングランド)◇6585ヤード・パー72>

パットが入らなければショットで攻めればいい。メジャー初出場の渋野日向子が、7バーディ・1ボギーの「66」をマーク。後半は10番から3連続、上がりも2連続バーディ締め。終わってみれば、首位と1打差の2位タイで初の大舞台を走り抜けた。

撮れたて!渋野日向子のドライバースイング【動画】

朝早いスタートだったため、ホールアウト時点では単独首位に立った。「自分でもびっくり。なんでこんなにバーディが獲れているのかと、気持ち悪かった(笑)」。驚きの結果に自らも戸惑いを見せたが、バーディ量産の裏には渋野らしい戦略が隠れていた。

出だしから微妙なラインのパットにてこずり、「ボギーを打ってから、ヤケクソでピンを狙って行こうと思いました(笑)」と、ピンデッドのアイアンショットを連発した。「傾斜を使って寄せたりとか考えたけどダメだった」前半の反省を生かし、後半の快進撃を生み出した。

4番のボギー後は攻め一辺倒ゴルフで、8番でこの日初バーディを奪うと、後半のバーディはほぼピン筋に飛んだ。10番は約9メートル残ったが、「これが入ってくれて流れに乗れた」と、その後はベタピン連発。11番のパー5では3打目がもう少しでカップインのイージーバーディ。13番以降のバーディでもっとも長かったのは奥からねじ込んだ最終ホールの4メートル。おもしろいように決まるパットに、渋野を追いかけた日本のファンもお祭り状態だった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本らが出場!「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」結果
河本結・原英莉花らが出場! 「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の結果はこちら
松山はトップ5フィニッシュ! 「ジェネシス招待」結果
松山英樹らが出場する「ジェネシス招待」の結果はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!