今平周吾が日本勢最上位! 「我慢しながら」も首位と3打差6位 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

WGC-フェデックス・セントジュード招待

  • 期間:2019年07月25日-07月28日、
  • 場所:TPCサウスウィンド(テネシー)

今平周吾が日本勢最上位! 「我慢しながら」も首位と3打差6位

2019年07月27日12時04分

今平周吾が3打差で週末へ!

今平周吾が3打差で週末へ!(撮影:GettyImages)

WGC-フェデックス・セントジュード招待 2日目◇26日◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7237ヤード・パー70>

今季の世界ゴルフ選手権最終戦「WGC-フェデックス・セントジュード招待」。ここまで海外メジャーで予選落ちが続き悔しい結果となっていた今平周吾だが、ようやく米ツアーで日本の賞金王が存在感を示すときが来た。

ミスター安定感・今平周吾のスイングのポイントは?【連続写真】

2日目を終えてトータル6アンダー・6位。3バーディ・2ボギーの「69」で回った第2ラウンドは、「結構チャンスが続き、なかなか決めきれなかったが、我慢しながらできたと思う」と爆発とはいかずとも首位とは3打差につけた。「あと2日あるので、昨日、今日のような感じで回りたい」と冷静に週末へ。優勝争いに向けて追い上げに期待が高まる。

以下、日本勢のコメントをお届けする。
■松山英樹(トータル4アンダー・13位タイ)
「全体的に悪くなかったけど、パットがいいストロークしているのにもかかわらず、カップを舐めまわして外れるというのが多かったので、スコアが伸びなかった。でも悪いパットは今日は2回くらいしかなかったのでそれは凄くプラスだと思うし、良いパットの方が全然多いので、ショットとパットを噛み合わせれば上位で戦えると思うので、それに向けて調整したいなと思う」

■市原弘大(トータル1オーバー・36位タイ)
「ありがちなことで、今日はショットが良くなくて、そうなるとパッティングも入らなくなるという……。あんまりパッティングのイメージが良くない。うまくはまればアンダーパーで回れる雰囲気があって、去年来たときよりちょっとは成長があるのかなという感じがする。あと2日、アンダーで回れたらまた自信になると思う」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!