デビッド・デュバルの7番ホールで全英オープンは大混乱? 正しいスコアは「15」?「13」?「14」? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

The Open 2019 July 18 Thu - 21 Sun

2019年7月18日-7月21日 ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)

デビッド・デュバルの7番ホールで全英オープンは大混乱? 正しいスコアは「15」?「13」?「14」?

2019年07月19日05時10分

大会を混乱させたデュバルの7番ホール 正しいスコアは?

 

大会を混乱させたデュバルの7番ホール 正しいスコアは?(撮影:村上航)

全英オープン 初日◇18日◇ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)◇7344ヤード・パー71>

かつて世界1位にも輝き、2001年の本大会で優勝した歴代覇者を“悲劇”が襲った。デビッド・デュバル(米国)が「91」で20オーバーの大たたき。156位の最下位(暫定)という結果で、初日の会場を後にすることになったのだが、このデュバルのスコアを巡って、大会は“大混乱”に陥った。

こちらが魔の7番【コース写真集】

選手、さらに競技員の頭を悩ませる現場となったのは、7番パー5(592ヤード)だ。ここでのデュバルのスコアは「14」、つまり9打のスコアロスが記録されたのだが、このスコアに落ち着くころには、ホールアウトから約2時間が経過していた。

デュバルの証言、さらに大会発表をまとめると、その時の状況は以下の通りとなる。まず、7番でティショットを放ったデュバルだが、このボールをラフで紛失。さらに打ち直しの3打目でも再び同じ状況となり、さらに追加でもう1球(5打目)をティイングエリアから打った。これもラフに入り、その後プレーを続けたのだが、グリーン付近で、今度は誤った球でのプレー、すなわち誤球が確認された。

そのため、この“誤球”が発生したと思われる本来のセカンド地点で“正球”を探したが見つからず。再度ティイングエリアまで戻り4度目の“ティショット”を打つことになったデュバル。結果的にこの4球目(9打目)からホール終了まで6打かかった。「また7番ホールをやり直さなければならなかった。珍しい、最悪のシチュエーションだ」。ホールアウト後には、こんな言葉も口にした。

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!