「マスターズでローアマが獲れずに悔しかった」 金谷拓実、2度目のメジャー舞台での誓い | ALBA.Netのゴルフニュース

-

The Open 2019 July 18 Thu - 21 Sun

2019年7月18日-7月21日 ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)

「マスターズでローアマが獲れずに悔しかった」 金谷拓実、2度目のメジャー舞台での誓い

2019年07月16日08時22分

金谷拓実が初の全英オープンに挑む!

 

金谷拓実が初の全英オープンに挑む!(撮影:村上航)

全英オープン 事前情報◇15日◇ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)◇7344ヤード・パー71>

昨年10月に行われた「アジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権」で優勝し、今年4月の「マスターズ」、そして今週の「全英オープン」出場権を獲得した金谷拓実(東北福祉大)。ここロイヤルポートラッシュGCでは、58位タイで終えたマスターズに続く予選通過、さらに上位争いを目指し、開幕に向かっていく。

金谷拓実 アジアアマを制したドライバースイング【動画】

大会前週の13日(土)にアウト9ホール、さらに翌日に18ホールを回った金谷が、メジャーウィークに突入した月曜日も元気に練習ラウンドを行った。この日も1番からスタートしたが、「本当は10〜18番を回りたかった」と、3番までラウンドし、そこで“軌道修正”。近くの12番にうつり、最終ホールまで回り切った。3日間で2ラウンド以上を敢行。徹底的にコースを研究した。

「フェアウェイが狭いし、グリーンも小さいし、すごく難しい。しっかり準備して、いい状態で試合に臨めたらいい」。そういう気持ちから練習にも熱を帯びる。練習ラウンドでは、リンクス特有の風や雨にも悩まされることなく「幸せにゴルフができていました」。しかし、本番もこの穏やかな天候が続く保証はないが、「天気が荒れてもそれが全英、リンクスだと思う。その状況を楽しんで、ベストを尽くしてプレーしたい」と、難コンディションも想定しながら日々を送る。

アップダウンがあり、さらにフェアウェイ、グリーン周りにはうねっている箇所も目立つロイヤルポートラッシュGCでの戦い方については、「グリーンを外したら、すごく難しいアプローチが残る。いいポジションに運んで、パーオンすることを繰り返すことが大事かなと思う」とイメージ。7344ヤードと総ヤーデージは決して長くないが、正確なショットが求められるコースにふさわしい戦い方で、スコアを積み重ねていく構えだ。

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!