G・ウッドランドにメジャー初制覇をもたらしたもの【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

U.S. Open Championship 2019 June 10 Thu - 16 Sun

2019年6月10日-6月16日 ペブルビーチ・ゴルフリンクス(カリフォルニア)

G・ウッドランドにメジャー初制覇をもたらしたもの【舩越園子コラム】

2019年06月17日15時28分

しかし今週のコーエンは、距離が短く、グリーンが小さく、グリーン周りのラフが深いペブルビーチに臨もうとしていたウッドランドに「これまでやったことがないショートゲームのワザを指導してくれた」。

2位に1打差から臨んだ最終日。出だしから安定していたウッドランドのショットは折り返し前後からやや乱れ始め、9番と12番でボギーを喫した。今週は3日間でわずか2ボギーに抑えていたのに、最終日は4ホールで2ボギーを喫し、彼のゴルフはこのとき明らかに揺れていた。

だが、ショットも、流れも、「完璧じゃなくていい」。そう自分に言い聞かせていたウッドランドは「14番のバーディで集中力を取り戻した」。

大会3連覇がかかっていたブルックス・ケプカ(米国)とは2打差を維持しながら終盤を迎えたウッドランド。唯一最大のピンチは17番(パー3)の第2打だった。半ばがくびれたグリーンの右カラーから段の上のピンへ向かって、パターでは直接狙えない。そのときケプカの18番(パー5)の2打目はグリーンをわずかにこぼれ、ラフの中。2オンこそ逃したが、うまく寄せれば、形勢逆転もありうる状況だった。

だが、ロブウエッジを握ったウッドランドは冷静だった。

「幸運なことに、今週、僕はすでにあそこから打った経験があった。それに、4(ボギー)になったとしても、この世の終わりではない。そう思いながら打ったらカップインしそうになった。(パーセーブにつながった)あの1打が最終ホールをプレーする僕に余裕をもたらした」

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!