ゲーリー・ウッドランドのメジャー初Vに貢献  勝負の一打はグリーンからウェッジ  | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

U.S. Open Championship 2019 June 10 Thu - 16 Sun

2019年6月10日-6月16日 ペブルビーチ・ゴルフリンクス(カリフォルニア)

ゲーリー・ウッドランドのメジャー初Vに貢献  勝負の一打はグリーンからウェッジ 

2019年06月17日12時48分

両手を高々と上げて「終わって良かった」

 

両手を高々と上げて「終わって良かった」(撮影:岩本芳弘)

全米オープン 最終日◇16日◇ペブルビーチGL(カリフォルニア州)◇7075ヤード・パー71>

今季初優勝がメジャー初V。最終ホールで9メートルのバーディパットを沈め大きく両手を突き上げたゲーリー・ウッドランド(米国)が、第119代目のチャンピオンとして、名前を刻んだ。

ウッズもグリーン上でウェッジを握った【フォトギャラリー】

1打のリードで臨んだ最終ラウンド。2番で幸先良くバーディを奪うと続く3番でもバーディ。9番でボギーを叩くが、後半に入っても落ち着きを失わず、メジャーハンターのブルックス・ケプカ(米国)の猛烈な追い上げにも動じずに初の栄冠を勝ち取った。

同組のジャスティン・ローズ(イングランド)が終盤のボギーで崩れていき、ひとり旅。17番パー3ではティショットをミスし、グリーンに乗ったもののピンまで30ヤードが残った。ここでウッドランドが選んだのは、ウェッジ。これを見事に寄せてパーセーブし、2打リードで最終ホールへ。初メジャータイトルのプレッシャを感じさせない、見事なプレーで最後を締めくくった。

勝負どころは幾度となく訪れた。決断を迫られたのは14番パー5。ティショットをフェアウェイに運び、ピンまで263ヤード。「しばらく考えて(グリーンを)狙うことにした。『ボクはこの試合を勝ちにいくんだ』とアグレッシブにいった。結果として成功した」と、攻めのゴルフでグリーン左のラフまで運び、1メートルに寄せてバーディとした。

さらに17番では、「今週のはじめにも同じような状況があったから。4(ボギー)でもいいと思ったけど、入りそうになってパーで上がれて、最後が楽になった」と、この時点で、最終ホールをパーとしたケプカとの差を確認して、冷静に勝ちに行った。

太平洋をバックに両手を突き上げて思ったのは、「終わって良かった」。2000年にタイガー・ウッズ(米国)が打ち立てた2位との15打差優勝の時がトータル12アンダー。ウッドランドはトータル13アンダー。「入ったらいいなと思っていたけど、12でも十分だとは思っていた」と、なんと記録まで意識していたという。

長距離砲で知られるウッドランドは今季パッティングに苦戦。パッティングのスコアへの貢献度を示すストローク・ゲインド・パッティングでは150位前後だったのが、今週はきわどいパットを決めきっての優勝だった。

高校時代まではバスケットボールでスター。大学進学後も続ける予定だったが、回りを見ればうまい選手ばかり。「ゴルフに行こう」と決めてから、「今までずっとハードワークだった。それが今日という日につながった」と、淡々と振り返り、喜びを静かにかみしめた。(文・高桑均)

おすすめコンテンツ

舞台は北アイルランド!「全英オープン」特設ページ
2019年最後のメジャー「全英オープン」特設ページはこちらから。
全英オープン撮れたて写真館
今シーズン最後のメジャー戦「全英オープン」が今週開幕!練習日からたっぷりお届け!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!