ショットメーカー二人に明暗 最後に手応えを掴んだ岡山絵里と「毎年来ても通用しない」成田美寿々 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

全米女子オープン

  • 期間:2019年05月30日-06月02日、
  • 場所:CC・オブ・チャールストン(サウスカロライナ州)

ショットメーカー二人に明暗 最後に手応えを掴んだ岡山絵里と「毎年来ても通用しない」成田美寿々

2019年06月03日13時23分

最終日に「68」をたたき出した岡山絵里 6つ落とした成田美寿々とは対照的だった

最終日に「68」をたたき出した岡山絵里 6つ落とした成田美寿々とは対照的だった(撮影:ALBA)

全米女子オープン 最終日◇2日◇CCオブ・チャールストン(米国サウスカロライナ州)◇6515ヤード・パー71>

全米女子オープン」最終日に日本を代表するショットメーカー二人の明暗が分かれた。67位タイと最下位付近からスタートした岡山絵里が「68」を叩きだしトータル5オーバーの39位タイでフィニッシュ。一方で成田美寿々は最終日も「75」と苦しみトータル9オーバーの62位タイで大会を終えた。

比嘉真美子と肩を組む成田美寿々【写真】

最低限といった表情でホールアウトした岡山は「一番いいプレーができました。ショットもパットも良かったし、バンカーとかアプローチでパーセーブもできた」。もっとスコアは伸ばせた。そこまでの出来だった。

変わったのはショットの精度。ここまでの3日間は「ショットを曲げたくなかったから、全然振れていなかった」と“置きにいって”しまっていた。それを開き直って振っていくと全く違った。「今日はスピードを出していって、アイアンもしっかり振っていったらちゃんとスピンもかかった。考えすぎだったんでしょうね」と持ち前の切れ味が復活。「予選通過して、それでまずOK。最終日ちゃんとアンダーパーで回れたので、もう言うことなしです」と合格点をつけてコースを後にした。

一方の成田は「毎年来ても通用しないなと思いますね」と曇った表情。「今日は全体的にはショット悪くなかったけれど、バーディチャンスという感じではなくてただグリーンに乗っているだけ。3パットを4回しているので。(カバーするのは)ショット力だと思う。少なくとももうちょっと付けられたら」と持ち味の攻撃的なゴルフは鳴りを潜めた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!