スポット参戦は難しい?重要なのは「鈍感力」 宮里藍が語る全米女子OP | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

全米女子オープン

  • 期間:2019年05月30日-06月02日、
  • 場所:CC・オブ・チャールストン(サウスカロライナ州)

スポット参戦は難しい?重要なのは「鈍感力」 宮里藍が語る全米女子OP

2019年05月29日17時00分

宮里藍が語る全米女子オープン(撮影:上山敬太)

全米女子オープン 事前情報◇28日◇CCオブ・チャールストン(米国サウスカロライナ州)◇6515ヤード・パー71>

2010年、10週にわたって世界ランキング1位に君臨した宮里藍。米国女子ツアーで通算9勝を挙げたが、「勝ちたい」と口にしていた「全米女子オープン」のタイトルを獲得することは叶わなかった。

鈴木愛が記念撮影しているお相手は?【大会写真】

2004年に大会初出場を果たし、トップ10入りは3度。大会自己ベストは2009年、11年の6位タイだ。大会制覇に最も近づいたのが11年。2日目に宮里美香がトータル5アンダーで単独首位に立ち、藍が1打差の2位につけた。

荒天によるサスペンデッドにより、決勝ラウンドの36ホールを日曜日に消化する異例の展開。第3ラウンドは「76」でスコアを落としたが、それでも首位と2打差の6位タイ。初のメジャー制覇に期待が高まったが、月曜日まで持ち越しとなった最終ラウンドではスコアを1つ落とし、6位タイのまま終戦。栄光をつかむことはなかったが、自信を深める大事な一戦となった全米女子オープンについて、宮里が語った。

年間で5つあるメジャー大会。その中における全米女子オープンの難しさについて「毎年コースのタイプが全然変わる。ラフの深さ、フェアウェイの広さ、グリーンの大きさ、芝質が米国の中でも州によって全然違います。それに、いきなり1週間だけいって全てに対応するのはムリだと思う」とサーキットトーナメントだからこその難易度を挙げた宮里。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本結が米女ツアー初出場! 組み合わせはこちら
河本ら日本勢が多数出場する「ゲインブリッジLPGAアット・ボカ・リオ」の組み合わせはこちら
米男ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」組み合わせ
松山英樹らが出場する「ファーマーズ・インシュランス・オープン」のペアリングはこちら
今平が出場! 「オメガ・ドバイデザートクラシック」組み合わせ
今平周吾が出場する欧州ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」の組み合わせはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!