最終ホールで意地のバーディ見せるも 上田桃子は猛追及ばず2位 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

ほけんの窓口レディース

  • 期間:2019年05月17日-05月19日、
  • 場所:福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県)

最終ホールで意地のバーディ見せるも 上田桃子は猛追及ばず2位

2019年05月19日17時22分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
優勝 イ・ミニョン -10
2 申ジエ -9
  上田桃子 -9
4 勝みなみ -8
  原英莉花 -8
6 金澤志奈 -7
  菊地絵理香 -7
  河本結 -7
  李知姫 -7
10 藤本麻子 -6

順位の続きを見る

猛追を見せるも、1打届かなかった…

猛追を見せるも、1打届かなかった…(撮影:村上航)

ほけんの窓口レディース 最終日◇19日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6292ヤード・パー72)>

「調子は悪かったけど、ガマンして粘ることができました」。この日4つスコアを伸ばしたものの、トータル9アンダーの2位タイで大会を終えることになった上田桃子は、サバサバとした口調でこう話した。

「ああ〜…」と声が聞こえてきそうな上田桃子【写真】

ウィルス性の胃腸炎で、先週のメジャー大会は開幕前に欠場を余儀なくされた。4日間寝込み、練習を再開したのが今週の月曜日。落ちた体力も戻り切らないまま臨んだ大会だったが、底力を見せつけた。

最終18番では残り74ヤードの第3打を、60度のウェッジで50cmにつけるバーディ。最後の最後で上にいたイ・ミニョン(韓国)に並んだ。プレーオフに備えていた時に、ミニョンが最終ホールでバーディを奪ったことで逆転はならず。「今日はパットがよかった。いつもはショットがよくて、パットが決まらないという展開が多いので、こういう状態でプレーオフをやってみたい」という望みも叶わなかったが、今の状態から考えると納得のいく結果となった。

「この大会で体が戻ったということもないし、簡単に状態があがるとも思っていない。日頃のトレーニングは大事だなということを思いながらプレーしていました」。これまでの“貯金”が生きた3日間だった。落ちた体力や感覚を完全に取り戻すためにはまだ時間がかかりそうだが、その状態で優勝争いを繰り広げる上田桃子の“強さ”を感じる大会になった。(文・間宮輝憲)

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ニチレイ レディス」ライブフォト
今週の舞台は千葉! 「ニチレイレディス」のライブフォトをお届け!
米女子メジャー「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」組み合わせ
畑岡、先週のリベンジなるか?「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」の初日ペアリングをチェック
米男ツアー「トラベラーズ選手権」速報
小平智が出場する「トラベラーズ選手権」速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!