絶体絶命からの逆転勝利!仲宗根澄香が服部真夕を下す【ディライトワークス女子マッチプレー選手権】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > > 記事

ディライトワークス女子マッチプレー選手権

  • 期間:2019年05月08日-05月10日、
  • 場所:朝霧カントリークラブ

絶体絶命からの逆転勝利!仲宗根澄香が服部真夕を下す【ディライトワークス女子マッチプレー選手権】

2019年05月09日22時27分

仲宗根澄香が大逆転劇で決勝進出(撮影:福田文平)

<ディライトワークス女子マッチプレー選手権 2日目(3回戦・準決勝)◇8日◇朝霧カントリークラブ(静岡県)>

5月8日(水)〜10日(金)の日程で開催される女子プロゴルフ唯一のマッチプレー競技『ディライトワークス女子マッチプレー選手権』(賞金総額1,500万円、優勝賞金500万円 ※ツアー外競技)。大会2日目に、3回戦、準決勝(ともに9ホールマッチ)がおこなわれ、キム・チャンミ(韓国)と仲宗根澄香が決勝に進出した。

【トーナメント表】決勝までの両者の勝ち上がりはこちらをチェック!

1回戦で西畑萌香、2回戦で森美穂、3回戦で青山加織を下した仲宗根は、準決勝で服部真夕と対戦。序盤からリードを許し、6ホール終了時点で3アップされ、絶体絶命の苦境に追い込まれるも、ドーミーホール(残りホール数と勝ちホール数が同じになること)の7番から3連続で取り返し、9ホール終了時点でオールスクエアに。その勢いのまま、エキストラ1ホール目で仕留めて、大逆転勝利を挙げた。

見事な粘り勝ちに「服部さんは、私が良いショットを打っても、どんどん内側につけてきていたので、さすがだなと思っていました。でも追い詰められたことで、逆に思いきってプレーすることができた。ひとつ取り返したときに“このまま粘り続けよう”と。勝負どころのパットも、読んだラインにしっかりと打ち切ることができたので入ってくれたと思います」と語った仲宗根。敗れた服部も「仲宗根さんは強い選手でしたね」とたたえていた。

大会2日目に青山、服部と自身の実績を上回る選手を倒し、大会最終日にマッチプレー女王の座をかけて戦う相手は、今季から日本ツアーに参戦しているチャンミ。両者は、今季のステップ・アップ・ツアー第2戦「Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament」2日目に同組でプレーしている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!