“玄人ギャラリー”が集まる和合で、ジャンボが見せたスター性【記者の目】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

中日クラウンズ

  • 期間:2019年05月02日-05月05日、
  • 場所:名古屋ゴルフ倶楽部和合コース(愛知県)

“玄人ギャラリー”が集まる和合で、ジャンボが見せたスター性【記者の目】

2019年05月06日20時28分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 宮本勝昌 -9
2 今平周吾 -8
3 黄重坤 -7
  M・グリフィン -7
5 P・カーミス -6
  貞方章男 -6
  A・クウェイル -6
  片山晋呉 -6
  藤田寛之 -6
  星野陸也 -6

順位の続きを見る

今年も多くのファンを引き連れたゴルフ界のスター

今年も多くのファンを引き連れたゴルフ界のスター(撮影:村上航)

中日クラウンズ 最終日◇5日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(愛知県)◇6557ヤード・パー70>

「入れ、入れ!」、「いいぞ!」。18ホールの至るところで、絶えず歓声が響いていた。会場に入って感じたのが、ほかよりも強い観客たちの熱気。例年多くの動員数を誇る「中日クラウンズ」は、今年も大会4日間で3万人近くの人が集まった。

コースにみっちり広がる観客の数!【写真】

名古屋市内から車で20分ほどというアクセスの良さに加えて、連休と重なる日程もある。しかし、ただ人が多いだけではない“ゴルフ熱”の高さを感じた。テレビの視聴率も、関東・中部・関西を比較すると例年中部が高い。ここ10年の男女ツアー最終日の数字を追えば、ほぼ全て中部が一番だ。今年の和合でも、特定の組だけでなく様々な組に観客がつき、一番ティで見送るのではなく、選手について歩く姿が多く見られた。選手が上がってくれば、サインを求めてファンが殺到。クラブハウス回りには、常に観客が列を作って待っていた。

「名古屋はギャラリーが多いね。長い歴史があるから、お客さんも若い人は少ないけれど、ずっと応援してくれている人がたくさんいる」と語ったのは、今年で33回目の出場となった芹澤信雄。主催者推薦での出場ながら、連日シード選手をはるかに上回る数のファンからサインを求められていた。今年で60回目を迎えた中日クラウンズ。かつては故アーノルド・パーマーやジャック・ニクラス(ともに米国)など海外の名手も出場するなど、“東洋のマスターズ”と称された。長い歴史を刻んできた大会とあれば、それを見守ってきた観客も年季が入る。根強いファンが特に熱狂するのは、ひと時代を築いてきたベテランたちにだ。

やはり中でも大ギャラリーを引き連れていたのが、ジャンボこと尾崎将司。日本ツアー94勝のレジェンドは、1997年には当時世界ランキング1位のグレッグ・ノーマン(オーストラリア)に競り勝って大会3連覇を達成するなど、数々の金字塔を打ち立ててきた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!