平成から令和へ この31年の女子ゴルフの進化を小林浩美はどう見たか【記者の目】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

パナソニックオープンレディース

  • 期間:2019年05月03日-05月05日、
  • 場所:浜野ゴルフクラブ(千葉県)

平成から令和へ この31年の女子ゴルフの進化を小林浩美はどう見たか【記者の目】

2019年05月06日17時01分

この数値の変化に大きく関わっているのは、ギアの進化を含めた、ショット力の向上ではないかと小林は考える。

「精度が格段に今の選手の方がいい。ショットがいいので、あとはパターが入るかどうか、という選手が増えています。特に今回の浜野ゴルフクラブはバーディを獲るセッティング。こういうコースではショットの精度が良くないとチャンスにつかないですし、それをどこまで入れられるか。そこができる選手が増えたことが大きいですね。この31年で一番変わったのはショットの精度と飛距離だと思います。ティショットが良くなっているわけですから、当然、セカンド以降で打つクラブの番手も短くなっています。そのぶん、チャンスにつけられていることも影響していると思います」。

ショートゲームといった小技の部分以上に、ショット力が当時とは違うというのを小林は感じ取っている。

ショットの精度が良くなったことについて、今大会のテレビ中継でラウンド解説を務めた茂木宏美が面白い見方をしている。

「今はインターネットが普及したことで、情報がかなりあふれています。だから、自分にあったスイングやクラブ、練習方法が以前に比べてかなり見つけやすい。アメリカの情報だって簡単に入ってきます。昔は雑誌だったり、先輩だったりと情報源が限られていましたから。今ではそれらたくさんの情報をうまく活用することで、全体的なレベルが上がっているように感じます」(茂木)

Windows95の登場によるパソコンの爆発的な普及、IT革命、そして携帯電話、スマホの登場、YouTubeといった動画共有サイトの誕生…。このような“情報化社会”への変化が、ゴルファーの技術向上にも大きな影響を及ぼした。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「全米オープン」のリーダーボード
松山英樹、石川遼、今平周吾、金谷拓実が出場! 海外メジャー「全米オープン」のリーダーボードはこちら。
松山英樹、石川遼ら出場! 全米オープンの組み合わせ
松山英樹、石川遼、金谷拓実、今平周吾が出場。「全米オープン」の組み合わせ表はこちら。
「デサントレディース東海クラシック」の大会フォトギャラリー
現地から直送! 国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」のLIVEフォトギャラリー。
【全米OP】松山英樹のプレー詳細は一打速報でチェック!
「全米オープン」に挑む松山英樹。プレーの詳細を一打速報でチェックしよう!
「デサントレディース東海クラシック」の組み合わせ
国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」の組み合わせはこちら。
シブコが出場! 米国女子ツアーのリーダーボード
渋野日向子ら出場! 米国女子ツアー「キャンビア・ポートランド・クラシック」のリーダーボードはこちら。
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!