平成から令和へ この31年の女子ゴルフの進化を小林浩美はどう見たか【記者の目】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

パナソニックオープンレディース

  • 期間:2019年05月03日-05月05日、
  • 場所:浜野ゴルフクラブ(千葉県)

平成から令和へ この31年の女子ゴルフの進化を小林浩美はどう見たか【記者の目】

2019年05月06日17時01分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 勝みなみ -12
2 全美貞 -12
3 黄アルム -11
  永井花奈 -11
5 イ・ミニョン -10
  稲見萌寧 -10
  新垣比菜 -10
8 大城さつき -9
  宮里美香 -9
10 鈴木愛 -8

順位の続きを見る

1997年にエビアン・マスターズを制した時の小林浩美 平成の間に海外での勝利も手にした

1997年にエビアン・マスターズを制した時の小林浩美 平成の間に海外での勝利も手にした(撮影:GettyImages)

第1回「パナソニックオープンレディース」は新元号となって最初の国内女子ツアーということもあり、“令和初優勝”に大きな盛り上がりを見せた。

女子プロ達が掲げた令和の目標…三浦桃香は?【大会フォト】

大会の舞台となった浜野ゴルフクラブは、1986年から97年まで「富士通レディース」が行われていたコース。平成元年となった89年も、もちろん開催されていた。ということで、平成から令和となる、この31年での女子ゴルフの変化を、平成元年にプロ初優勝を挙げ、浜野ゴルフクラブで行われた富士通レディースでも95年大会に優勝、そして現在は日本女子プロゴルフ協会(以下、LPGA)の会長でもある小林浩美に聞いてみた。

31年で大きく変化したのは全体のストロークだ。平成元年の富士通レディースは優勝スコアこそ12アンダー(エイミー・ベンツ)と今年の勝みなみと変わらないが、カットラインは今年の2アンダーに対して、3オーバー。ストロークにして5打も違う。ちなみに89年のヤーデージは総距離6376ヤードでパー73。今年のセッティングより約200ヤード短く、パーも1つ多い。

全体のスコアが大きく良くなったことについて小林は、「まず飛距離が格段に違うと思います」と飛ばし屋が増えたことを理由に挙げる。「私は飛ぶ方でしたが、全体的な飛距離は今とかなり違います。当時のクラブはパーシモンでボールは糸巻き。それが如実にスコアに表れていると思います」。ギアの進化が大きくつながっていたという見立てだ。

「この試合だけでなく、シーズンの平均ストロークでも、この31年でアンダーパーの人が格段に多くなっている。昔はこんなにいなかった。アンダーパーが出始めたのは2000年からで、当時はオーバーパーでしたから」。実際に平成元年シーズンと平成最後の30年シーズンを比較すると、元年のトップは高村博美で72.6701。30年のトップは申ジエ(韓国)の70.4269。この30年で約2打も減っているのだ。さらに30年のアンダーパー10人に対して元年は一人もいない。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!