永井花奈は優勝逃すもメンタル面で収穫 一時は中止望むも「このままだと後悔する」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

パナソニックオープンレディース

  • 期間:2019年05月03日-05月05日、
  • 場所:浜野ゴルフクラブ(千葉県)

永井花奈は優勝逃すもメンタル面で収穫 一時は中止望むも「このままだと後悔する」

2019年05月05日21時22分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 勝みなみ -12
2 全美貞 -12
3 黄アルム -11
  永井花奈 -11
5 イ・ミニョン -10
  稲見萌寧 -10
  新垣比菜 -10
8 大城さつき -9
  宮里美香 -9
10 鈴木愛 -8

順位の続きを見る

上がり4ホールで圧巻3バーディ 再開後も上位争いを盛り上げた永井花奈

上がり4ホールで圧巻3バーディ 再開後も上位争いを盛り上げた永井花奈(撮影:上山敬太)

パナソニックオープンレディース 最終日◇5日◇浜野ゴルフクラブ(千葉県)◇6566ヤード・パー72>

令和最初の国内女子ツアー「パナソニックオープンレディース」は雷雲接近により午後1時15分に中断。雷雲はコース上空に停滞、中々晴れず途中で中止がささやかれるほど。結局、2時間27分もの中断となった。

足もとに注目! 永井花奈のシューズがかわいい【LIVEフォト】

中断となってクラブハウスに引き上げてきたとき、永井花奈の頭にある考えがよぎる。「このまま中止になったほうが良いかもしれない」。1打差の3位タイから最終日をスタートするも、この時点で2打差の4位タイに後退していた。何よりも「流れが悪かった」とリズムに乗れず、再開したとしても2mのパーパットが残っている。いっそやらないほうが…。邪な気持ちも浮かんでくる。

だが、中断中に再開に備えて“ここまで何が悪かったか”を振り返っている内に考えが変わった。「このまま終わったら後悔する、と思いました。そこから続きをやりたいと思うようになりました」。永井の気持ちを汲むかのように競技は再開。最初のパーパットは外れたものの、上がり4ホールで3バーディを奪い、トータル11アンダーの3位タイでフィニッシュ。手応えが残るラウンドとなった。

「再開後のパットは外れてしまったけど、逆に吹っ切れたというか気持ち的に楽にプレーできました。結果、“楽しむ”ゴルフができたと思います。流れも変わったし、気持ちの整理もできていたので良かったと思います」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!