「落ちるところまで落ちた…後は上がるだけ」 小平智“3週間の旅”へ | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

RBCヘリテイジ

  • 期間:2019年04月18日-04月21日、
  • 場所:ハーバータウンGL(サウスカロライナ)

「落ちるところまで落ちた…後は上がるだけ」 小平智“3週間の旅”へ

2019年04月22日09時30分

小平智が3週間の旅で上昇へのヒントを探す(撮影:ALBA)

RBCヘリテイジ 最終日◇21日◇ハーバータウンGL(米国サウスカロライナ州)◇7099ヤード・パー71>

前年覇者ウィークは米ツアーでの自己ワーストスコアで締めくくる形となった。ドライバーの不安を抱えたまま臨んだ米国男子ツアー「RBCヘリテイジ」。打開策が見つからずに、最終ラウンドは1バーディ・6ボギー・2トリプルボギーの「82」と大きく落として、決勝ラウンド進出者で最下位となる70位で終えた。米ツアーでは2013年の「全英オープン」第2ラウンド、18年の「全米オープン」第1ラウンドの「81」を下回る自己ワーストスコア。日本では12年(日本ツアー選手権)と14年(つるやオープン)に「82」があり、相性のいいコースでプロ転向後、自己ワーストタイスコアとなってしまった。

ドライバー巧者・小平智のスイングはインパクトからアドレスを逆算【連続写真】

「どう立て直せばいいのか分からなくて……」。トップスタートで出た小平は、2番(パー5)でドライバーでのティショットを大きく右に曲げたが、2打目以降のリカバリーに成功してバーディを奪う。しかし、その後は波に乗れずに12番までに6つのボギーを叩いた。

13番(パー4)では、ガードバンカーからグリーンエッジに近いピンをギリギリ狙った3打目がバンカーから出ず、その後も3パットなどトリプルボギー。また、左サイドにフェアウェイバンカーが広がる16番(パー4)は、「バンカーからフェードのイメージ」で打ったドライバーショットが、狙いよりも左に出てからさらに左に曲がり、フェアウェイバンカー左にあるOBゾーンへ消え、このホールもトリプルボギーとした。

第1ラウンドの10番でも同じイメージから同じような球が出てリズムを崩したが、「ああいうのが出るからワケが分からなくなるんです……」。18番(パー4)で2メートルのパーパットをねじ込み、自己ワースト更新は免れたが、ホールアウト後、自身のSNSで「小平智の充電が0パーセントになりました」とつづるほど、気力を振り絞って4日間を戦った。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!