タイガーの優勝に見るゴルフと人生の深淵【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

タイガーの優勝に見るゴルフと人生の深淵【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】

2019年04月16日20時18分

タイガー・イズ・バック! マスターズ5度目の優勝で全米が震えた

 

タイガー・イズ・バック! マスターズ5度目の優勝で全米が震えた(撮影:GettyImages)

タイガー・ウッズ(米国)の「マスターズ」優勝は、世界中のゴルフファンをクギ付けにした。2008年「全米オープン」以来、11年ぶりのメジャータイトル。1997年マスターズから数えて15回目の快挙だ。

鳥肌もの! タイガー優勝の瞬間をもう一度【写真】

プロ転向から半年余りで初めてグリーンジャケットに袖を通してから22年の歳月が流れ、すでに43歳。全盛期にはメジャー最多18勝の記録を持つジャック・ニクラス(米国)を追い越すのも時間の問題と言われたが、その後、失速。故障やプライベートのトラブルなど、人生の辛酸をいやというほどなめた。もうメジャーでは優勝できないと本気で思ったこともあったと言う。そんなドン底から這い上がってのマスターズ5勝目は、ゴルフの奥深さ、素晴らしさを改めて浮き彫りにすることにもなった。

体力も気力も充実し、怖いもの知らずだった21歳。メジャー4連勝を飾り“タイガースラム”という言葉を生み出したトッププレーヤー時代。そして、ドン底からあきらめることなく努力を続けて手にした43歳での優勝…。ウッズだからこそできたことかもしれない。それでも、力だけでなく、自分でゲームを組み立て、自分自身をコントロールする。さらには自然の力に抗うのではなく、それを受け入れ、身をゆだねる。ゴルフというスポーツならではのことでもあるだろう。

老若男女が一緒に楽しめるのがゴルフの魅力だが、競技となると少し話が違ってくる。全員が同じ条件でプレーするのだから、体力、筋力のある者にアドバンテージがあるのは仕方がない。だが、それだけではなく、経験値や考える力、自分を見つめ、それときちんと向き合う力が問われる割合が大きいからこそ、今回のように大きな感動が生まれる。

一方、世界のゴルフツアーで活躍する選手にジュニア出身者がどんどん増えてきた。子供のころから、ゴルフ一色の人生を歩んできた者も少なくない。そのせいもあって、一部からは「ゴルフは30歳くらいまで。その後は第二の人生を歩みたい」という声も聞こえてくる。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!