執念のウォーターショットも実らず 松山英樹は練習日からの“ズレ”を最後まで解消できず | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

執念のウォーターショットも実らず 松山英樹は練習日からの“ズレ”を最後まで解消できず

2019年04月15日07時52分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
優勝 T・ウッズ -13
2 B・ケプカ -12
  D・ジョンソン -12
  X・シャウフェレ -12
5 F・モリナリ -11
  T・フィナウ -11
  W・シンプソン -11
  J・デイ -11
9 R・ファウラー -10
  J・ラーム -10

順位の続きを見る

最後まで表情は晴れなかった

 

最後まで表情は晴れなかった(撮影:岩本芳弘)

マスターズ 最終日◇14日◇オーガスタナショナルGC(米国ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>

今年もグリーンジャケットに袖を通すことはできなかった。25位タイから上位進出を目論んだ松山英樹は、3バーディ・3ボギーの「72」とスコアを伸ばせず、トータル3アンダーの32位タイで4日間の幕を閉じた。

ギャラリーも大熱狂!タイガー・ウッズ魂のガッツポーズ【写真】

「(ショットもパットも)いいところもあれば悪いところもあった」というように、この日もムラが目立った。アーメンコーナーの出口、13番パー5では314ヤードのティショットでフェアウェイ右に置いたが、残り170ヤードの2打目を左に曲げてグリーン手前のクリークへ。ここからウォーターショットで約3mにつけたが、バーディパットはわずかに左。4日間のちぐはぐを象徴するようなホールとなってしまった。

ホールアウト後、「残念ですね。中々思うようなプレーができなかった」と口を開いた松山。今年1月からキープできていた状態が練習日からおかしくなったという。「ショットが悪い日もあったけど、感覚的なものがここまでズレたことはなかった。それが、ここに来て練習ラウンドをして、ズレてしまったというのは一番悔しい。何が原因か分からない状態」。先週体調を崩したことが原因かと聞かれると、「今週に入って練習はできていたので、それは関係ない」と否定した。

2019年に入ってから優勝こそないものの、予選落ちはなくトップ10が3回と状態は悪くなかっただけに悔しさは募る。「3カ月うまくいっていたものが、いきなりここで悪くなるということは何か原因があると思う。それをゆっくり考えて、次のメジャーではこういうことがないようにしたい」。今年は「全米プロゴルフ選手権」が7月から5月に移動したため、次のメジャーまでは約1カ月。過去に2度トップ5に入った得意大会に向けて、少しでも早く光明を見つけたい。

おすすめコンテンツ

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」ライブフォト
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のライブフォトをお届け! “シブコ・フィーバー”が止まらない!
米男ツアー「BMW選手権」結果
松山が最終日も「63」の好スコアで3位フィニッシュ!「BMW選手権」の結果はこちら
川村昌弘が出場!「D+Dレアルチェコマスターズ」結果
川村が出場する欧州ツアー「D+Dレアルチェコマスターズ」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!