ショット復調にホッ… 菊地絵理香が猛追で2位フィニッシュ | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

スタジオアリス女子オープン

  • 期間:2019年04月12日-04月14日、
  • 場所:花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース(兵庫県)

ショット復調にホッ… 菊地絵理香が猛追で2位フィニッシュ

2019年04月14日16時55分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
優勝 申ジエ -9
2 武尾咲希 -8
  菊地絵理香 -8
4 鈴木愛 -6
  熊谷かほ -6
6 吉本ひかる -3
  永井花奈 -3
  酒井美紀 -3
  森田遥 -3
10 エイミー・コガ -2

順位の続きを見る

「66」の猛チャージ ショットメーカー・菊地絵理香の“技”が冴えた

「66」の猛チャージ ショットメーカー・菊地絵理香の“技”が冴えた(撮影:鈴木祥)

スタジオアリス女子オープン 最終日◇14日◇花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコース(兵庫県)◇6316ヤード・パー72>

喜怒哀楽をあまり表に出さない菊地絵理香だが、ホールアウト後はさすがに悔しそうな表情を浮かべた。

菊地絵理香、最終ホールを終えてこの表情【LIVEフォト】

首位と5打差の12位タイからスタート。前半で4つのバーディを奪うと、後半もバーディを2つ重ねる。気がつけば、トータル8アンダーで首位タイに並んでいた。しかし、あと1打が届かない。16番パー5では2mのバーディパットを外すと、続く17番パー4では1mのバーディパットを決めきれない。結局、6バーディ・ノーボギーの「66」をマークしながら、優勝した申ジエ(韓国)に1打及ばない2位タイに終わった。

「今日はスコアボードを一度も見ることなくプレーしていたんです。そのほうが集中してできるかなと思って…」。実際、その作戦は途中まで成功していた。初日、2日目と不調だったアイアンショットの精度がまず上がる。それまでは方向性だけでなく、縦の距離感もなかなか合わずに苦しんでいたが、試行錯誤をするうちに、「クラブヘッドの入りがよくなり、インパクトの音も変わってきたのが分かりました」という。軽いダウンブローで打つことにより、雨で濡れていた芝でもボールをクリーンにとらえることができたのだ。

さらに今季から取り組んでいるパッティングのクロウグリップもなじんできた。ノーマルなグリップでは動きにくかった手がスムーズに動くようになり、前半は面白いようにパットが決まり、スタート5ホールを1パットで終えた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「全米オープン」速報
メジャー第3戦「全米オープン」の速報はこちらから
全米OP撮れたて写真館
「全米オープン」が今週開幕!練習日からたっぷりお届け!
米女子ツアー「マイヤーLPGAクラシック」速報
畑岡らが出場する「マイヤーLPGAクラシック」の速報をチェック!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!