「今の自分ではこれがマックス」ハワイで感じた手応えと壁 【今平周吾のマスターズ】 | ALBA.Netのゴルフニュース

「今の自分ではこれがマックス」ハワイで感じた手応えと壁 【今平周吾のマスターズ】

2019年04月08日18時47分

今平周吾は飛距離以外の部分でマスターズの厳しいセッティングを攻略する

 

今平周吾は飛距離以外の部分でマスターズの厳しいセッティングを攻略する(撮影:岩本芳弘)

マスターズ特集記事>
■今平周吾インタビュー(2)賞金王がマスターズへ「海外で通用するには“運”も必要」

いよいよ今週の現地時間11日(木)に海外メジャー「マスターズ」が開幕。日本勢では松山英樹、小平智、今平周吾、金谷拓実(東北福祉大3年)の4人が出場する。昨年国内賞金王に輝き、その活躍から特別招待でマスターズ出場資格をつかんだ今平。身長165cmと小柄ながら、抜群の安定感で国内トップに立った男は、年に1度の祭典をどう戦うのか。初の大舞台を直前に控えての心境を語る。

オーガスタでも見られる?今平周吾と“美人フィアンセ”のナイスコンビネーション【写真】

マスターズ出場が決まったとき、率直な感想は?
「今までで一番嬉しかったですね。メジャーの中でも、やっぱり一番出たかった大会ですし。最初、事務所にメールで出場決定の連絡が入っていたので出場できるのは分かっていたんですが、直接連絡したいと電話をもらいました。英語だったので、なかなか会話が噛み合わなくて(笑)。大丈夫かなと思っていたんですが、実際に招待状が届いてよかったなと思いました。

マスターズが目標ではあったけど、そう簡単に出られるものではないので、ちょっと信じられなかったですね。招待状を見たときはすごく嬉しかったです。周囲の人もものすごく喜んでくれました」

マスターズを目標にしていたのは、何歳ごろから?
「試合をテレビで見始めたのが、小学生くらいだったと思います。僕の中でマスターズは、タイガー・ウッズのイメージが強いですね。本格的にゴルフをやるようになってプロを目指し始めて、中学生くらいから出たいなという気持ちはありました。そのころは、なんとなく20代前半くらいには出られたらいいなと軽い気持ちで考えてはいましたね」

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!